秋の夜、熊本城周辺が5万4千個のろうそくに包まれる!?

崇城大学市民ホール(熊本市民会館)のシンボルロードの風景
  • 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)のシンボルロードの風景

秋、夜風が心地いい季節。そんなシーズンにぴったりのイベント「第5回熊本暮らし人祭り みずあかり」が10/11(土)、12(日)の2日間、熊本城周辺で開催される。熊本城から熊本市街〜辛島公園にかけて続く道路や坪井川を、竹のオブジェと5万4千個のろうそくの灯りで彩りもので、川面に映る揺らめく灯りの様は、なんとも幻想的で美しい。

故郷・熊本の魅力を再発見し、“ここに暮らす喜びや切なさまでも共感できる市民と地域でありたい”をコンセプトに2004年にスタートしたこの祭りは、今回で5回目。熊本の新しい祭りとして、市民ボランティアが中心となって運営する市民参加型のイベントだ。

ことし初の企画として中唐人町・明八橋〜明十橋の間800mに、ペットボトルなどで作った灯りのオブジェを約1500〜2000個ほど飾りつける。キレイなだけじゃなく、もっとエコを身近に感じてほしいと進めてきたものだ。

このほか、花畑公園では和ろうそくに、阿蘇の御神火を灯し、願いを書いた短冊(料金200円)を添えて御神木の周りに捧げる「あかり献灯」を行う(19:00〜21:00)。家族の安全、夢の実現、恋の成就、世界の平和などの願いを短冊に込めてみよう。

友達と、家族と、恋人と…秋の夜長、灯りに包まれて夜散歩にでかけてみてはどうですか。

【九州ウォーカー/中澤ともこ】

【関連イベント】

●みずあかり募金箱…熊本市内を中心に、100個の募金箱を設置。集まったお金はみずあかりに使用するロウソク代として使用。(設置場所:熊本中心市街地、桜町地区各店舗・企業、蔦屋書店・TSUTAYA AVクラブ各店、お菓子の香梅各店、お弁当のビライ各店、東光石油各店)

●みずあかり・ワークショップ(リサイクルキャンドル&竹あかりづくり)…9/23(祝)、ことし花畑公園会場で使用するリサイクルキャンドルの作成。竹あかりは高さ30cmの竹ぼんぼりを自分でデザインして製作する。(会場:新市街・サンロードコミュニティスペース「サンフィールド2008」)

●プレイベントを開催…10/7(火)〜10(金)、実際イベントで使用する竹のオブジェをアレンジしたもの、ボランティアスタッフによる作業風景の写真の展示などを実施。(会場:上通りアーケード入口「びぷれす広場」)

●あかりびと(ボランティア)を募集中…坪井川エリア以外の4万個の灯りに火を灯す「あかりびと」を募集中。詳細はhttp://www.11-92.net/mizuakariにて。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報