有村架純が潜航服に身を包み連ドラ初主演

連続ドラマW「海に降る」で連続テレビドラマ初主演を務める有村架純
  • 連続ドラマW「海に降る」で連続テレビドラマ初主演を務める有村架純

有村架純がWOWOWプライムで10月よりスタートする連続ドラマW「海に降る」で主演を務める。有村にとって連続テレビドラマの主演は初めて。

本作は海洋科学に関する研究機関・JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台にした、朱野帰子原作のヒューマンドラマ。JAMSTECの全面協力を得て、'14年に完成25周年を迎えた有人潜水調査船「しんかい6500」をはじめとした潜水船、研究船で撮影を行ない、「リアルな深海世界」「海洋科学技術の最先端」をリアルに描く。

ことし「しんかい6500」に撮影クルーが搭乗し、沖縄本島近海、水深1500mでの撮影を敢行。神秘的かつ、驚異的な深海の映像美を体感でき、さらに全編4K収録を行ない、深海の美しさを追求している(放送される画質はフルハイビジョン)。

有村の役どころは組織の中で奮闘し、亡き父の遺志を受け継ぎ、深海の謎に命を懸けて臨むJAMSTECのパイロット・天谷深雪役。

有村は、「台本を初めて読んだとき、心臓がドキドキというよりもバクバクしました。『海に降る』という作品は、 海洋研究の世界を描いています。その海洋研究が担っているのは、日本や世界の未来です。だからこの作品の背負っているテーマは、すごく大きなもので本当に身が引き締まりました。初めての連続ドラマの主演という大役を頂き、不安や戸惑いはありますが、 男社会の厳しい環境の中で立っている深雪のように、 私も甘えることなく、強くたくましく演じられたら」と意気込んだ。

また「このドラマを通して、未来を担っている機関、JAMSTECのことをたくさん知っていただきたい。“自分の夢”や“世界の未来”のような、まだ見ぬ先の皆さんの希望を、あらためて見直す機会になってくれたらうれしいです。 キャスト・スタッフ全員で力を合わせて素晴らしい作品を作っていきます。ぜひ、楽しみにしていてください!」(有村)と視聴者へアピールした。

原作者である朱野氏は「『海に降る』を書いたのは4年前のこと。デビューしたての新人作家だったこともあり、JAMSTECの皆さんから『映像化したら全面協力するよ』と言っていただくたびに『そうなったらすごいけど、でも、そんな夢みたいなこと実現しないだろうなあ』と思っていました。今回ドラマ化のお話を頂き、しかも撮影は『しんかい6500』の実機を使って行われると聞いて、とてもうれしく、感慨深く思っております」とコメント。

深雪演じる有村については「実はドラマ化のお話を頂いたときから『深雪が有村架純さんだったらいいな…』と大それた野望を抱いておりました。愛らしさと、凛々しい雰囲気とが同居している感じが、本物の『しんかい6500』の女性パイロットと似ているな、と思っていたからです。有村さんに決まったと伺ったときは心の中でガッツポーズをとってしまいました。潜航服姿を拝見するのがとても楽しみです」(朱野氏)と念願がかなって感激の様子。

さらに「私が原作で書いたのは震災直後の日本でしたが、ドラマではそこからさらに時間を進めて、海洋科学の最新情報をこれでもか!というほど盛りこんでいるようです。深海オタクの私も、放送中はテレビの前に張りついて視聴しようと思っています。数年前に世間を騒がせたダイオウイカたちがすんでいる所よりも、さらに深い海へ。4Kカメラの鮮明な映像とともに降りていく体験を、皆さまとご一緒できる日が待ち遠しいです」と見どころを明かした。

演出を手掛ける山本剛義監督は「まずは今回この作品を撮るにあたり取材させていただいたJAMSTECの研究者の方々、パイロット並びに『しんかい6500』の運行チームの仕事に対する姿勢や考え方、純粋さに感銘しました。そういった人々を中心に『しんかい6500』や『深海の世界』を視聴者の方々にどう体感してもらうかを、今一番輝いている女優の一人である有村架純さんと、脇を固める豪華な俳優陣がどんな化学反応を見せてくれるか僕自身楽しみで、良い意味で緊張しています」と率直な思いを語る。

撮影のエピソードとして「4月18日に中部沖縄海溝に潜航しました。深海には光が届かないからこそ気高く、『しんかい6500』が光を当てなければ“光”の存在さえも知らずに一生を終える数々の生物がいました。想像していたよりも多くの命がそこにありました。宇宙ならば宇宙服を着て船外に出れますが、深海では絶対に船外に出られない。決して触れることのできないゆえの『神々しさ』に圧倒されました」(山本監督)と振り返った。

最後に山本監督は「普段目にすることのない深海の世界をこの作品を通じて少しでも体感していただき、『しんかい6500』に関わる研究者、パイロット、運行チームの人間ドラマをうまく切り取っていきたいと思います。深海の世界は遠い場所かもしれませんが、深海の世界に挑む研究者やパイロットの純粋な思い、それを支える人々の思いや葛藤など、関わる人々はとても身近で人間くさい、さまざまなドラマが詰まっています。今回は4Kで撮影しています。『深海と宇宙はつながっている』は、この作品の大きなテーマです。ぜひ体感してください」と視聴者へメッセージを送った。

連続ドラマW「海に降る」
毎週土曜夜10:00-終了時間未定
WOWOWにて10月放送予定
原作=朱野帰子「海に降る」(幻冬舎刊)
脚本=徳永友一、浅野敦也 ほか
演出=山本剛義
音楽=稲本響
プロデューサー=岡野真紀子、浅野敦也
出演=有村架純 ほか
協力=JAMSTEC(海洋研究開発機構)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報