カレー×豚骨ラーメン!夢のコラボカレーついに登場

4/27、コンビニ限定発売となった「炙りチャーシューカレー」。豚骨ラーメンの風味が活きた“変り種カレー”だ
  • 4/27、コンビニ限定発売となった「炙りチャーシューカレー」。豚骨ラーメンの風味が活きた“変り種カレー”だ

日本人の国民食ともいえるカレーとラーメン。そんな2大巨頭のコラボがついに登場した。その名も「炙りチャーシューカレー」(288円)。豚骨風味のカレーソースに厚切りチャーシューをトッピングし、ラーメンの味わいが楽しめるという、夢のようなカレーなのだ。

4/27より、コンビニ限定で発売しているという同レトルトカレー。カレー好きの記者は、さっそく実食してみた。

一見普通だが、よく見るとチャーシューと、メンマの姿が“普通とは違う”存在感をアピールしてる同カレー。ぶ厚いチャーシューはスプーンでも切れるほど柔らかく、一口食べると豚骨スープの香りと、炙った食感が口の中にほのかに広がる。メンマはシャキシャキして歯ごたえもいいし、何よりカレーソースに隠れた“トンコツ風味”が旨い! しかもスパイスの効いた刺激的な辛さで、編集部のカレー好きも「辛いのがいいね。この辛さは男にはぴったりだ」と満足の様子。たしかに、レトルトカレーには珍しい味わいだけど、気になるのは“コンビニ限定”ということ。一体なぜ…?

「レトルトカレーやカップラーメンはとても男性に人気がありますよね。実はコンビニを利用する男性の8割は週2〜3回利用するヘビーユーザーなんです。そこで、コンビニエンスストア限定で、男性向けに男性が好む『カレー』と『ラーメンの味わい』をMIXさせたんです」(発売元「エスビー食品」中島さん)

なんでも、ネット調査でのラーメンのトッピングランキングで1位は「チャーシュー」ということで、カレーの具材として応用したのだとか。

「炙りチャーシューは、レトルトパウチの中で割れない大きさを研究しました。結果、直径約60mm、厚さ約8mmという絶妙のバランスが生まれたんですよ。一枚一枚、丁寧に“炙り焼く”工程にもこだわっていますね」(中島さん)

一見「企画モノ?」と思われがちな「炙りチャーシューカレー」だが、その実力は相当なもの。カレー好きはもちろんのこと、ラーメンマニアも要チェックのレトルトカレーとなりそうだ。 【東京ウォーカー/安藤真梨】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報