ピカピカの1年生!萩本欽一が73歳の受験体験を激白

7月6日(月)の「ぶっちゃけ寺」は萩本欽一、阿川佐和子をゲストに迎え3時間SPで放送!
  • 7月6日(月)の「ぶっちゃけ寺」は萩本欽一、阿川佐和子をゲストに迎え3時間SPで放送!

7月6日(月)に放送される「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日系)の3時間SPに、この春駒澤大学仏教学部の社会人入試に合格し、晴れて大学1年生になった萩本欽一がスペシャルゲストとして登場する。

“お坊さんが今一番気になる人”萩本が、テレビで初めて73歳(受験当時)の受験体験について激白する。さらにことし1月12日に放送されたスペシャルでお坊さんの信仰心に感涙した阿川佐和子も再登場し、萩本と共にお坊さんのありがたい話に耳を傾ける。

大学受験を志すまでは仏教に全く興味がなかったという萩本が、なぜ仏教学部を選んだのか…。お坊さんたちも興味津々の志望動機や、キャンパスライフの様子、仏教を勉強する中で何を感じているのかなどを、萩本自らが時に熱く、時に面白いトーンで、赤裸々に語る。

また、番組では萩本からの要望に応え「欽ちゃんに教えたい!お坊さんの好きな仏教の言葉」を紹介。阿川も涙した「慈悲」の話や「仏教=スーパー終身型保険!?」という話など萩本が聞きたかった仏教の話が続出する。

お坊さんの話に興味津々の萩本に、爆笑問題の太田光が思わず「大学に入らずに、この番組に毎週来たらいいんですよ!」と言ってしまうほど、濃密でありがたいお坊さんの話も続々と飛び出す。仏教、そして年を重ねてなお進化し続ける欽ちゃんへの理解が深まると同時に、さまざまな気付きと生きる意欲を得られそうだ。

そんな萩本が受験勉強にチャレンジするに当たり、一番苦労したのは「年を取り、低下した記憶力」と「勉強を楽しむための工夫」だという。そこで、今回70歳を越えて再び何かにチャレンジしたいと考える人のために、萩本が独自に編み出した「欽ちゃん流学習術」を紹介。

独自の英単語記憶法や、独自のノート作成法には実は脳科学者・茂木健一郎や、「ビリギャル」のヒットで一躍有名になった坪田塾塾長・坪田信貴先生も驚くマル秘テクニックが隠されていた。欽ちゃんの受験裏話を、当時の再現を交えてリアルに紹介していく。

そして番組で大好評を博すロケ企画では、小籔千豊がお坊さんと共に浅草の浅草寺を巡る。

都内で一番古く、1400年の歴史を誇る浅草寺の誕生秘話や、雷門の再建に私財を投じた有名実業家のエピソード、80以上の店が軒を連ねる仲見世の歴史、ある有名な戦国武将が肌身離さず持ち歩いていたとされるご持仏も祭られている本堂にある本尊の秘密などに迫る。

しかも、今回は大牌殿にある約1700年前の貴重なガンダーラ仏もテレビ初公開。基本的に非公開、不定期で一般公開される「浅草寺一眺めがいい伝法院の庭」も紹介。ここからは東京スカイツリーと五重塔、新旧の2大タワーを見ることができるが、その絶景に小籔も衝撃を受ける。

仏教学部の学生も必見の「ぶっちゃけ寺 3時間SP」。現在74歳にして知識欲が天井知らずの欽ちゃん、一体どこまでやるの!?

「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 3時間スペシャル」
7月6日(月)夜7:00-9:48
テレビ朝日系で放送

「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」
毎週月曜夜7:00-7:54
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報