とことん素材にこだわった絶品「彩の黒豚焼肉丼」

関越道三芳パーキングエリア(PA)下り線にあるフードコートで販売されている「彩の黒豚焼肉丼」(900円)は、素材の一つ一つにこだわった丼だ。

埼玉のブランド豚を使用したボリューム満点「彩の黒豚焼肉丼」(900円)
  • 埼玉のブランド豚を使用したボリューム満点「彩の黒豚焼肉丼」(900円)

ここで使用されている豚肉は、埼玉県が誇るブランド豚“彩の国黒豚”。肉質がやわらかく、まろやかな風味と甘さが楽しめる品種として知られている。

醤油ベースの甘ダレで炒め、栃木県大田原市にある前田農場産のコシヒカリに盛られる豚肉は160gとボリュームも大満足。

さらに卵をトッピングすると、また違った味わいが楽しめる。こちらも埼玉県嵐山町にある“セイメイファーム”産の卵しか使わないというこだわりようだ。

同フードコートは、24時間営業でこの丼ぶりを提供中。同PAに立ち寄った際は、こだわりいっぱいの「彩の黒豚焼肉丼」を味わってみて。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報