前の画像
この記事を読む
次の画像
乳酸菌の選定からこだわった自社製ヨーグルト「六花の森ヨーグルト」(1個350円)は、濃厚な味わい。札幌本店の他、帯広本店、六花の森、中札内美術村で販売

乳酸菌の選定からこだわった自社製ヨーグルト「六花の森ヨーグルト」(1個350円)は、濃厚な味わい。札幌本店の他、帯広本店、六花の森、中札内美術村で販売

グルメ

帯広限定銘菓も買える!六花亭札幌本店が新オープン

北海道ウォーカー 2015年7月9日 17時30分 配信


  • 1階の六花亭店舗には、北海道の山野草を植栽したガーデンを併設。商品選びをしながら、四季折々の絵画のような風景が楽しめる
  • 【写真を見る】7月5日から六花亭全店で発売となった、北海道本店開店記念菓「花の大地 ひろびろ」(写真・左110円)、「畑の大地 ひろびろ」(写真・右110円)
  • 乳酸菌の選定からこだわった自社製ヨーグルト「六花の森ヨーグルト」(1個350円)は、濃厚な味わい。札幌本店の他、帯広本店、六花の森、中札内美術村で販売
  • 定番人気のマドレーヌ「大平原」の焼き立て「窯出し大平原」。ふんわりリッチな味わいがたまらない。喫茶室の利用者に、7月中はお試しでふるまわれる!
  • パイのサクサクの瞬間を大切にした「サックサク苺ミルフィーユ」(550円)。7月5日発売の新メニューは、札幌本店の他、直営店各喫茶室でも味わえる
  • 人気の「マルセイバターサンド」をアイスにした「マルセイアイスサンド」(200円)。7月5日から札幌本店と帯広本店限定で取り扱い(ホットコーヒーは別)
  • 筒状のチョコレートの中にティラミスクリームを詰めた「ティラミス」(500円)。ユニークなルックスが魅力的!
  • チョコレートとヨーグルトのムースを組み合わせ、さっぱりとしたオレンジソースを絡めて味わう「ダブルムース」(500円)
  • 7月のピザ「ズッキーニのピザ」は札幌本店ビルの他、直営店各喫茶室でも提供
  • コロネ状のパイに生カスタードクリームを絞った「サクサクパイ」(160円)。帯広直営店舗だけの販売だった同商品が、待望の札幌初登場となる
  • すっきりした甘さの「冷ししるこ」(420円)は直営店各喫茶室の人気メニュー。札幌本店のみテイクアウトOK
  • 直営店各喫茶室で味わえる「杏仁豆腐(苺)」(420円)は、ドリンク感覚のデザート。札幌本店のみテイクアウトできる
  • できたてのおいしさを味わえる2階六花亭喫茶室。六花亭の包装紙の絵柄がかわいいクッションが各シートに置かれる。全席70席
  • 3、4階は中島公園前から移転オープンとなるヤマハミュージック札幌店。楽器や楽譜などを多彩に取りそろえ、初心者にも親しみやすい店舗を目指す
  • 5階のギャラリー柏では、六花亭の花柄包装紙を描いた画家・坂本直行氏による歴代の包装紙を常設展示
  • ギャラリー柏の奥では、坂本直行氏のスケッチブックを中心に展示する
  • 6階のふきのとうホール入口。六花亭のシンボルの1つでもあるふきのとうが描かれる
  • 6~8階のふきのとうホールは、座席数221席の本格コンサートホール。音楽監督・岡山潔氏の監修の下、国内外のアーティストによるクラシックコンサートを開催
  • 札幌駅南口から5分ほどの場所に誕生した六花亭札幌本店ビル。札幌駅の近くというアクセスの良さで、観光客の来店も多くなりそうだ

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!