【開国博通信Vol.20】可愛いピボ2に会いに行こう!

丸みを帯びたフォルムがキュート
  • 丸みを帯びたフォルムがキュート

今日は「NISSAN Y150ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター」をチェックしに行ってみた!

GW前後には60分待ち!なんて事もあった同エリアだが、今日は10〜15分待ち。これは結構時間帯によって違うので注意が必要だ。ただ、これくらいの待ち時間なら建物の中の展示スペースであっという間に潰れてしまうもの。

場内から、黒船が見えるって知ってました?海側の窓の表示があるので(目印はペリーのイラスト!)見てみよう。横浜港内に浮かぶ黒船が、目の前に見られるのだ。さらに「しんかい6500」の模型の展示などもある。

さて、場内に入場。スーパーハイビジョンシアターの入り口は3つ。個人の身長や混み具合などにもよるが、オススメなのは、向かって左側「3」の入り口から入って会場やや後方から眺める席(…とはいってもオールスタンディングだが)。540インチのビジョンの迫力が存分に味わえるのだ。

さて、その後はNISSAN Y150ドリームフロントへ。未来のエコカー「ピボ2」に会える場所だ。とにかくカワイイピボ2だが、写真を撮るなら、ほかのお客さんのジャマにならないように、映像が終わった後がいいかも。隣のコトバパーク会場に移動する際、しっかり近づいて写真を撮っちゃおう。

さて、最後はコトバパーク。自分の「思いやりのことば」を葉っぱ型の短冊に書いて、バルーンの中に入れると…そのさまはとてもキレイ。いつまでも眺めていたくなる風情だ。

そんなこんなで、全体で40〜50分くらい。途中退場やショートカットは出来ないので、ある程度時間の余裕をもって出かけてみましょう。【横浜ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報