09年度ミス日本の『ミス着物』を受賞したヴァイオリニストがソロデビュー! 

高嶋ちさ子「12人のヴァイオリニスト」として、年間約50本の公演を行っている。
  • 高嶋ちさ子「12人のヴァイオリニスト」として、年間約50本の公演を行っている。

一般オーディションで100名以上の応募者の中から選ばれ結成された、高嶋ちさ子プロデュースの「12人のヴァイオリニスト」サブ・リーダーとして活動中の松本蘭が、ソロデビューすることがわかった。

既に「12人のヴァイオリニスト」としてコロムビア、ユニバーサルよりCDリリースもしている若手ヴァイオリニストだが、ソロでのデビューは今回が初。

8/26(水)にリリース予定のソロデビュー・アルバム「蘭ing」 に先立ち、5/20(水)より「蘭ing(先行セレクトver.)」がiTunes先行配信される事も決定。配信される5曲は、どれも親しみやすいクラシック楽曲だが、「ヴュータン/アメリカの思い出」は、お馴染の「アルプス一万尺」のメロディが出てくる曲だ。

また、彼女は身長が170cmもあり、そのスラリとした美貌から09年度ミス日本の『ミス着物』を受賞している。そのため、ミス着物として日本文化を大切にしていくという思い込めて、日本の名歌曲「山田耕筰/からたちの花」もCDに収録しており、今後、着物姿での演奏も行う予定とのこと。ヴァイオリンと着物という、一見ミスマッチだが実はしっくりくるというパフォーマンスは必見だ。

なお、5/20(水)に松本蘭が出演する「12人のヴァイオリニスト」のコンサートが東京・紀尾井ホールで行われる。そこで彼女は、自らのソロデビュー宣言をするとのこと。松本蘭の今後の活躍に期待したい。

【iTunes先行配信楽曲(5曲)】
iTunes先行配信「蘭ing(先行セレクトver.)」(2009.5.20(水)配信)
・クライスラー/ラ・ジターナ(「ジプシーの女」)
・山田耕筰/からたちの花
・ドヴォルザーク/ユーモレスク
・サン=サーンス/白鳥(ハイフェッツ版)
・ヴュータン/アメリカの思い出

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報