祗園祭に行ったら食べるべき“ひんやりスイーツ”5選

約1000年の歴史を誇る京都の「祗園祭」。その前祭が、7月14日(火)からスタートした。疫病退散を願って行われる八坂神社(京都市東山区)の祭礼は、2014年は休み鉾だった大船鉾が150年ぶりに復活。それに伴い、49年ぶりに前祭と7月21日(火)からの後祭に分かれ、京都市内中心部を山鉾が巡行する。

祇園祭と一緒に楽しみたい京都のひんやり新スイーツ
  • 祇園祭と一緒に楽しみたい京都のひんやり新スイーツ

夏祭りの楽しみといえば、やはり冷たい食べ物。そこで、祇園祭へ行ったら食べるべき京都の“ひんやりスイーツ”を5軒紹介しよう!

絶品コラボパフェ/ホブソンズカフェ 四条富小路店

【写真を見る】ホブソンズカフェ 四条富小路店の「マンゴーパフェ」(1944円)。たっぷりの生のマンゴーとパインが乗り、フレッシュな味わいが口に広がる
  • 【写真を見る】ホブソンズカフェ 四条富小路店の「マンゴーパフェ」(1944円)。たっぷりの生のマンゴーとパインが乗り、フレッシュな味わいが口に広がる

アメリカ西海岸生まれのブレンドアイスクリーム専門店、ホブソンズカフェ。その関西1号店では、定番が12種類、季節ものが1、2種類のアイスフレーバーが並ぶ。国産フルーツを使用したパフェには、「黒豆アイスの和風パフェ」(918円)など、京都店限定も人気。そして、この季節におすすめなのが「マンゴーパフェ」(1944円、なくなり次第終了)。アイスとシャーベットの上に、生の沖縄産マンゴーとパインがたっぷり乗っていて、フレッシュな味わいが口に広がる。

ふわふわ新食感/Ruban de Fruits An Cafe

Ruban de Fruits  An Cafeの「甘夏」(700円)。ジューシーな甘酸っぱさの中に、甘夏特有のほろ苦い風味がふわりと広がる大人の味
  • Ruban de Fruits An Cafeの「甘夏」(700円)。ジューシーな甘酸っぱさの中に、甘夏特有のほろ苦い風味がふわりと広がる大人の味

果肉をシロップと共に凍らせた、フルーツ氷を提供するRuban de Fruits An Cafe。氷をリボンのように削ることで、綿菓子のようなふわふわの食感を生み出している。「甘夏」(700円、8月末まで販売)は、ジューシーな甘酸っぱさの中に、甘夏特有のほろ苦い風味がふわりと広がる大人の味。口に入れると、氷が溶けてトロリとした果実ピューレになり、濃厚な果実本来の味が楽しめる。

ミント風味のゼリー/大極殿本舗 栖園

大極殿本舗 栖園の「琥珀流しペパーミント」(660円)は、7月限定販売。爽やかな香りのゼリーにサイダーがセットとなり、爽快感がよりアップ。
  • 大極殿本舗 栖園の「琥珀流しペパーミント」(660円)は、7月限定販売。爽やかな香りのゼリーにサイダーがセットとなり、爽快感がよりアップ。

伝統的な京町家の奥に茶房を構える、1885年創業のカステラの老舗、大極殿本舗 栖園。看板メニューは、極上の口当たりの丹波産の寒天を使用した、寒天菓子の“琥珀流し”。「琥珀流しペパーミント」(660円、7月限定販売)は、爽やかな香りのゼリー。セットのサイダーと一緒に楽しめば、爽快感がさらにアップする。

金魚が泳ぐ和菓子/虎屋菓寮 京都四条店

虎屋菓寮 京都四条店の「若葉蔭」(飲物付き、1167円~)。大正時代から作られている琥珀製の菓子で、煉切の金魚はほのかな甘さがある
  • 虎屋菓寮 京都四条店の「若葉蔭」(飲物付き、1167円~)。大正時代から作られている琥珀製の菓子で、煉切の金魚はほのかな甘さがある

室町時代後期に創業し、御所出入りの御用商人も勤めた名店の喫茶、虎屋菓寮 京都四条店。北海道産小豆を使った餡や天然糸寒天などを使った、季節感あふれる生菓子、そして伝統の羊羹などの逸品がそろう。大正時代から作られている琥珀製の菓子「若葉蔭」(飲物付き、1167円~)は一つずつ丁寧に手作り。煉切でできた金魚は、ほのかな甘さに加え、涼しげな見た目でも楽しませてくれる。

あんみつ&かき氷/家傳京飴 祇園小石

家傳京飴 祇園小石の「わがまま氷」(黒糖ミルク・1000円)。あんみつにフワフワの純氷を乗せ、抹茶餅風ゼリーの食感が絶妙
  • 家傳京飴 祇園小石の「わがまま氷」(黒糖ミルク・1000円)。あんみつにフワフワの純氷を乗せ、抹茶餅風ゼリーの食感が絶妙

創業から80余年の飴店、家傳京飴 祇園小石では、毎年かき氷が大人気。味の決め手は飴を炊く技法で作る“みつ”にある。特に、黒糖みつは香りがよく後味スッキリで、この甘味を求めて舞妓さんが通う店として知られる。中でも人気の「わがまま氷」(黒糖ミルク・1000円)は、あんみつにフワフワの純氷をのせた銘品で、抹茶餅風ゼリーの食感が絶妙だ。みつは5種類から選べる。

【関西ウォーカー】

■祇園祭
場所:八坂神社ほか京都市内中心部
前祭:宵山=7月14日(火)~16(木)、巡行=7月17日(金)
後祭:宵山=7月21日(火)~23(木)、巡行=7月24日(金)

■ホブソンズカフェ 四条富小路店
住所:京都市中京区富小路通四条上ル
電話:075-257-7300
時間:10:00~20:00
休み:水曜

■Ruban de Fruits An Cafe
住所:京都市中京区河原町通三条下ル3丁目奈良屋町291-3 商都ビル1F
電話:070-5662-8105
時間:11:00~20:00 ※イートインは~19:40
休み:なし

■大極殿本舗 栖園
住所:京都市中京区六角通高倉東入ル南側
電話:075-221-3311
時間:10:00~17:00、9:00~19:00(販売)
休み:水曜

■虎屋菓寮 京都四条店
住所:京都市下京区四条通御幸町西入ル 2F
電話:075-221-3027
時間:11:00~19:00(LO18:30)、10:00~(1F)
休み:不定休

■家傳京飴 祇園小石
住所:京都市東山区祇園町北側286-2
電話:075-531-0331
時間:10:30~19:00(LO18:00)
※季節などにより変更あり
休み:不定休

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報