吉高由里子いわく「加瀬さんは“ドS”」

左から・岡田将生、加瀬亮、吉高由里子。『重力ピエロ』のキャスト3人
  • 左から・岡田将生、加瀬亮、吉高由里子。『重力ピエロ』のキャスト3人

伊坂幸太郎のベストセラー小説の中でも人気の高い「重力ピエロ」の映画が、いよいよ5月23日(土)に公開となる。そこで、加瀬亮、岡田将生、吉高由里子、森淳一監督の4人がヒューマントラストシネマ渋谷にて舞台挨拶を行った。

本作は、ある家族に訪れた悲劇と、連続放火事件の謎解きを絡ませたミステリー。映画は適材適所とも言えるキャスティングが実現し、味わい深い人間ドラマに仕上がった。

主人公・泉水(イズミ)役の加瀬亮は、台詞がとても印象的だったと言う。「岡田くん演じる弟・春の台詞で『深刻なことこそ、本当は陽気に伝えるべきだよ』というのがあって。この台詞は映画の最後まで関わってくるので、気にして観てもらえたらと」

春役の岡田将生も「僕もいつも言ってるんですが、その台詞がすごく好きで、そのことを忘れずに生きていきたいなと。なるべく明るく、元気で生きていこうと思ってます」とモジモジ照れながら答えると、加瀬はそんな岡田を大丈夫かな?という表情でニヤニヤしながら見守っていた。

謎の美女役の吉高由里子は、加瀬と岡田との共演の感想を聞かれ「本当に出会えてよかったなと思えるふたりです。加瀬さんはすごく優しいけど、すごく“ドS”で(会場・笑)。飴とムチを備えてる、実は器用な人。岡田さんは絶世の美男子で、世間ではイケ面と言われてるけど、すごく接しやすくて本当にピュアな方でした」と語った。

すると加瀬は、「本当にそう思ってるのかな〜(笑)」と苦笑い。岡田はここでも調子よく同調して「僕も本当に出会えてよかったです。撮影も楽しかったです(笑)」と言うと、「どういうところが?」と記者からつっこみが。岡田は「本当に…ささいな話をしたりとか、普通にごはんを食べたりとか…」と、いささか尻すぼみのコメント(というか、撮影中のエピソードではないし…)をし、会場は大爆笑。森監督も笑いながら「現場でも仲良くやってましたよ」とフォローを入れていた。

『重力ピエロ』の舞台挨拶の取材は2度目だが、加瀬と岡田からはいつも、兄弟のように仲のいい雰囲気が伝わってくる。劇中同様、きっとふたりの間に、深い絆が生まれたに違いない。

舞台である仙台ではすでに先行上映され、舞台挨拶も大盛況だったと言う。また、小説も映画との相乗効果からか遂に発行部数 100万部を突破! 映画も100万人の動員を目指すとのことで乞うご期待!【MovieWalker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報