人気BLの映画化、ベッドでの「脱がしてやる!」は本気

「絶対に脱がしてやる!」男子同士のラブシーン秘話とは?
  • 「絶対に脱がしてやる!」男子同士のラブシーン秘話とは?

秀良子の同名人気BLコミックを映画化した『宇田川町で待っててよ。』の初日舞台挨拶が7月25日に渋谷HUMAXシネマで開催され、黒羽麻璃央、横田龍儀、湯浅典子監督が登壇。男子同士の恋を描く本作。黒羽が、横田と演じたベッドでのラブシーンの秘話を明かした。

本作は、女装男子・八代(横田)とそんな“彼女”に一目惚れした男子高校生・百瀬(黒羽)の心の揺れを繊細に描き出すラブストーリー。黒羽は演じた百瀬の魅力を「不器用な人間。まっすぐに伝えようとするところが魅力的だと思います」と演じた役柄に惚れ惚れ。横田演じる女装男子に恋する役どころだが、「かわいいな。この子、女装したら似合うだろうな。足細いなと思った」と印象を明かした。

一方の横田は「自分でも足が細いなと思いました」と自画自賛。女装することに「最初は戸惑った」といい、「僕は3、4年前まで福島の田舎者だった。それが東京に出て来て、女装をして渋谷に立っている。ギャップがすごいな、成長したなと思いました」と話して、会場の笑いを誘っていた。

オススメのシーンとして黒羽は、「襲うシーン」とコメント。「ベッドで、バーン!と襲うんですけど。(横田が)抵抗してくるんですが、肘がみぞおちに入ったことがあって。それでスイッチが入っちゃって、『絶対に脱がしてやる!』と思った」と振り返った。

すると横田も「あそこから変わりましたもんね。『強い!』と思った」と明かして、会場も大爆笑。黒羽は「あそこはお互い本気で。僕は脱がせようとして、(横田は)抵抗しようとする。その一生懸命さがぶつかって、いいシーンになった」と迫力あるシーンになったことに大満足の表情を見せていた。

「初恋や一目惚れということに関して、共感しながら原作を読んでいた」と原作に惹かれた点を話した湯浅監督。この日も抜群のコンビネーションを見せていた主演二人について「二人とも一生懸命なところが魅力。それを見せない感じにしている黒羽くんと、それを全力で見せる横田くん。それが個性だと思います」とそれぞれの魅力を分析すると、二人も大爆笑だった。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報