「ライオンキング」6000回公演記念イベント開催!

舞台のライブ感を間近で体験できる! 撮影=荒井健/(C)Disney
  • 舞台のライブ感を間近で体験できる! 撮影=荒井健/(C)Disney

1998年12月に東京で開幕し、その後、大阪、福岡、名古屋と上演を続けてきた劇団四季のミュージカル「ライオンキング」。“魂は姿を変えても失われることなく受け継がれる”という「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」をテーマに、性別、世代問わず支持を集め、現在も、東京と福岡で上演されている。その通算6000回目となる公演を、10/30(木)夜、福岡シティ劇場で迎える。日本初演からわずか9年10か月のスピード達成で(日本演劇史上最多公演の「キャッツ」は初演から21年8か月)、九州公演だけでも通算約1000回、合計90万人以上を動員する。

この6000回公演を記念し、9月から10月にかけて、さまざまな特別企画が開催される。以前、実施して好評だったリハーサル風景の見学会をはじめ、「ライオンキング」の魅力を語るうえで欠かせない舞台装置や、緻密に作られた仕掛けなどを解説付きでじっくりと見て回るバックステージツアー、誕生日や結婚記念日など特別な日に、来場者の写真撮影をし、特製フォトフレームに入れてプレゼントする記念日フォトサービスなど、劇場ならではのイベントが待っている。

ことし1月からの再演もロングランを続け、12月までの延長も決まった今作品。生き生きとした動物たち、軽快なアフリカンミュージック、スケールの大きなストーリーが感動を呼び、リピーターも多く、また、人気キャラクターであるミーアキャットの“ティモン”と、イボイノシシの“プンバァ”が博多弁で熱演する地元ならではの演出も見どころだ。いまだけのスペシャルイベントを体験しに、劇場へ足を運んでみませんか。

(九州ウォーカー/飯尾 賢)

●「リハーサル見学会」■実施日:9/17(水)、10/2(木)の各16:15〜約30分/参加方法:15:45〜16:15に、見学会実施日の夜公演チケットを福岡シティ劇場入口受付で提示/参加人数:制限なし

●「バックステージツアー」■実施日:9/23(祝)、10/3(金)、10(金)、24(金)の昼公演終了後、約40分/参加方法:観劇当日の開場時&休憩中に福岡シティ劇場内受付カウンターへ参加人数分のチケットを提示/参加人数:制限なし

●「特別カーテンコール」■実施日:10/22(水)、24(金)〜26(日)、30(木)の計6公演

●「記念日フォトサービス」■実施日:9/3(水)〜/申し込み方法:観劇当日の開場時間に、劇場受付にて当日のチケットと記念日を証明できるものを提示、休憩時間中に撮影を行う

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報