新潟が夏イルミの聖地に!三大イルミネーションを満喫

全国でサマーイルミネーションの潮流が広がる中、新潟がその聖地として、盛り上がりを見せている。夜景観光コンベンション・ビューローは、2014年7月に、新潟を代表する夏期イルミネーションとして、アパリゾート上越妙高、いくとぴあ食花、国営越後丘陵公園の3つの施設を「新潟三大サマーイルミネーション」として認定。1つの県内に、大規模なイルミネーションが3カ所もそろうのは、非常に珍しいことだという。

今年の夏も、各施設で趣向を凝らしたイルミネーションを開催!今回は、同団体の代表理事を務める、夜景評論家の丸々もとおさんに、それぞれの見どころを聞いた。

アパリゾート上越妙高の「光の双龍」は、上杉謙信ゆかりの羅紗に刺繍された“のぼり龍”と“くだり龍”をイメージ。スペシャルプログラムでは龍が火を吹く演出が
  • アパリゾート上越妙高の「光の双龍」は、上杉謙信ゆかりの羅紗に刺繍された“のぼり龍”と“くだり龍”をイメージ。スペシャルプログラムでは龍が火を吹く演出が

アパリゾート上越妙高イルミネーション2015「Myoko Happiness Illumination」~幸福を呼ぶ光の双龍~

丸々さん自ら監修したイルミネーション。上杉謙信ゆかりの双龍伝説をテーマに、アパリゾート上越妙高の広大な旧ゴルフコースを、多種多様な光のコンテンツが彩る。2014年に続き2回目の開催となる今年は、球数もエリアもさらにパワーアップ!152万9103球のLEDライトを使用した光の地上絵「光の双龍」は、「LEDライトで作った最大のイメージ」として、ギネス世界記録に認定された。

「最大の目玉である『光の双龍』は、壮大なスケールはもちろん、史上初の“双方向イルミネーション”にも注目してください。見下ろすと“くだり龍”が、見上げると“のぼり龍”が出現し、見る場所によって2つの姿を楽しめます。また、新エリアには、紙のように薄い有機EL照明を100枚以上使用した、世界初の『有機EL龍』が登場しました。他にも、今年初登場のウォータープロジェクションマッピングを用いた幻想的なショーなど、魅力あふれるプログラムが満載となっています」(丸々さん)

【写真を見る】アパリゾート上越妙高では、幻想的なショーも見どころの1つ。幅40m、高さ18mの巨大なウォータースクリーンに、さまざまな映像が映し出される
  • 【写真を見る】アパリゾート上越妙高では、幻想的なショーも見どころの1つ。幅40m、高さ18mの巨大なウォータースクリーンに、さまざまな映像が映し出される

いくとぴあ食花 「GROWING ILLUMINATION」~成長する花と光の庭園~

アパリゾート上越妙高と同様、丸々さんがプロデュースしたイベント。「成長する花と光の庭園」をコンセプトとしたイルミネーションを実施する。時期によって表情を変える花々の成長とともに、イルミネーションの演出も3部構成で変化。現在は、7月18日からスタートした第2部が開催中だ。

「成長をテーマにした『光と音のショー』や、歩きながら楽しむプロジェクションマッピング、枯山水を彩るプロジェクションマッピングが今年新たに加わり、2014年に比べて大幅に演出がパワーアップしました。ライトアップされた花々だけでなく、各所に仕掛けられたさまざまな演出を巡りながら、たくさんの思い出を作ってください」(丸々さん)

いくとぴあ食花のサマーイルミネーションは、花と光のコラボレーションが魅力!
  • いくとぴあ食花のサマーイルミネーションは、花と光のコラボレーションが魅力!

国営越後丘陵公園「サマーナイトプレゼンツ」

新潟のサマーイルミネーションの先駆けとして、15年以上開催しているナイトイベント。今年は「愛を奏でる光と水のハーモニー」をキャッチコピーに、40万球のLEDが園内にきらめく。「光の海」「光の川」「ライトアップ音楽噴水」などが見どころ。

「新潟三大サマーイルミネーションに認定されたことで、2014年は例年に比べて多くの方にお越しいただきました。量と質共に見応え十分です。イルミネーションだけでなく、お化け屋敷や世界大昆虫展、クラフト教室など、楽しいイベントも盛りだくさん。明るい時間帯から楽しめます」(丸々さん)

国営越後丘陵公園の「光の川」は、芝生が黄金の光に包まれる
  • 国営越後丘陵公園の「光の川」は、芝生が黄金の光に包まれる

【東京ウォーカー】

■アパリゾート上越妙高イルミネーション2015「Myoko Happiness Illumination」~幸福を呼ぶ光の双龍~
住所:新潟県妙高市桶海1090
日時:7月1日(水)~8月31日(月)は17:30~22:30(最終入場22:00)
   9月1日(火)~11月15日(日)は17:00~22:00(最終入場21:30)
料金:一般1200円、小学生1000円、小学生未満は無料(車椅子利用者は小学生と同料金)
   ※前売券は一般1100円、小学生900円
電話:0255-82-4111

■いくとぴあ食花 「GROWING ILLUMINATION」~成長する花と光の庭園~
住所:新潟県新潟市中央区清五郎336
期間:~9月23日(祝)
時間:18:00~21:00(最終入園20:30)
料金:高校生以上500円、小中学生300円、未就学児無料
電話:025-384-8732
※8月の毎週土曜日及びお盆期間は、点灯時間を通常より1時間延長して開催
※8月8日(土)は2時間延長して開催

■国営越後丘陵公園「サマーナイトプレゼンツ」
住所:新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950-1
期間:8月8日(土)~16日(日)、22日(土)・23日(日)、29日(土)・30日(日)
時間:18:30~21:00
料金:大人290円、小中学生50円、65歳以上210円、未就学児無料 ※18時以降の料金
電話:0258-47-8001

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報