かき氷の聖地!日光で究極の口どけ&味覚を堪能

猛暑が続く夏本番、かき氷のおいしい季節が到来した。日本に6軒しかない天然氷の氷室(ひむろ)のうち、「松月氷室」「四代目氷屋徳次郎」「三ツ星氷室」の3軒が集中する栃木県日光市。

日光の名水を冬の寒さでゆっくりと凍らせた天然氷は、ホコリや雪を取り除き、厚さ15cmまで育てられる。切り出した氷を保管する氷室では、おがくずを用いて自然に保冷。削る時も氷の温度を下げすぎないことで、ふんわりスッと溶けるかき氷が生まれるのだ。今回は、三大氷室の氷を使用した、日光市内のかき氷店を紹介しよう!

三大氷室の氷を使った、究極のかき氷を巡る旅へ出かけよう!
  • 三大氷室の氷を使った、究極のかき氷を巡る旅へ出かけよう!

松月氷室(しょうげつひむろ)

日光で唯一、蔵元でかき氷を食べられる一軒。マイナス5度で保冷し、マイナス3度での削りにこだわった蔵元のかき氷は、口当たりが違うと評判だ。「生みかん」(550円)といったフルーツの他、和風など20種類のシロップが選べる。迷ったらハーフ&ハーフができるのもうれしい。

【写真を見る】松月氷室のかき氷は、口の中でスッと溶ける抜群の喉越し!写真右は「生みかん」(550円)、左は「葡萄と極上メロンのハーフ&ハーフ」(550円)
  • 【写真を見る】松月氷室のかき氷は、口の中でスッと溶ける抜群の喉越し!写真右は「生みかん」(550円)、左は「葡萄と極上メロンのハーフ&ハーフ」(550円)

うどんカフェ 何時も庵(いつもあん)

3500本の広葉樹が美しい里山のカフェで、松月氷室の氷を用いた一杯が楽しめる。マイナス5度の氷を薄く削り、初雪が降る山のように重ねたかき氷が自慢だ。自家製の「小豆と寒天+三温糖シロップ」(900円)や大人味の「アイリッシュ」(800円)などを用意。

うどんカフェ 何時も庵のかき氷「小豆と寒天+三温糖シロップ」(900円)。プルプルの寒天に積もる、初雪氷を味わおう
  • うどんカフェ 何時も庵のかき氷「小豆と寒天+三温糖シロップ」(900円)。プルプルの寒天に積もる、初雪氷を味わおう

カフェ・アウル

四代目氷屋徳次郎直営。四代目自らが試行錯誤し、たどり着いた“削り”の温度は、マイナス1度からマイナス2度。綿菓子のようにふわふわな氷を、地元の果物やハチミツを使った自家製シロップが引き立てる「かき氷」(800円~)は絶品!

カフェ・アウルの「かき氷」(800円~)は、大粒の完熟ブルーベリーがたっぷり入ったフレーバーも
  • カフェ・アウルの「かき氷」(800円~)は、大粒の完熟ブルーベリーがたっぷり入ったフレーバーも

日光珈琲御用邸通

昭和初期の商家を利用したアンティークな空間で、四代目氷屋徳次郎の氷を味わえる。風情ある益子焼の器や、蔵元直伝の“削り”など、随所にこだわりが光る。氷専用に深煎りしたコーヒーシロップが香り高い「カフェ・オーレ」(972円)は、バニラアイス入り。

日光珈琲御用邸通の「カフェ・オーレ」(972円)は、自家焙煎コーヒーが香るこだわりの一杯
  • 日光珈琲御用邸通の「カフェ・オーレ」(972円)は、自家焙煎コーヒーが香るこだわりの一杯

日光金谷ホテル メイプルリーフ

1873年創業のクラシックホテルが提供するのは、三ツ星氷室の氷を使用したかき氷。甘さを控えることで、天然氷の味を生かしている。表参道「茶茶の間」の抹茶を使った「抹茶あずき」(1100円)は、薄く繊細な氷と抹茶ミルクが優しく溶け合う。

日光金谷ホテル メイプルリーフの「抹茶あずき」(1100円)は、日本茶ソムリエによる厳選抹茶を使用
  • 日光金谷ホテル メイプルリーフの「抹茶あずき」(1100円)は、日本茶ソムリエによる厳選抹茶を使用

日光さかえや

元は湯波料理店、現在は“揚げゆばまんじゅう”が名物の茶店。三ツ星氷室の氷を使用したかき氷が楽しめる。湯波の原料となる豆乳のシロップと、栃木県産イチゴがゴロゴロ入った手作りソースのかき氷「生いちご」(700円)は、ご当地色満点!

日光さかえやが提供する手作りソースのかき氷「生いちご」(700円)は、日光らしい豆乳とイチゴのコンビ!
  • 日光さかえやが提供する手作りソースのかき氷「生いちご」(700円)は、日光らしい豆乳とイチゴのコンビ!

なお、東京スカイツリータウン・ソラマチにある栃木県アンテナショップ「とちまるショップ」では、8月末までの期間限定で、四代目氷屋徳次郎の氷を使用した「~四代目徳次郎~日光天然のかき氷」(700円)を販売中。都内にいながらにして、“本物”のかき氷が楽しめるチャンス。こちらも、ぜひお見逃しなく!【東京ウォーカー】

■松月氷室(しょうげつひむろ)
住所:栃木県日光市今市379
電話:0288-21-0162
時間:夏季11:00~18:00(LO17:30)
休み:月曜(祝日の場合翌日)

■うどんカフェ 何時も庵(いつもあん)
住所:栃木県日光市猪倉1961-3
電話:0288-26-2272
時間:11:30~17:00(LO16:30)
休み:月曜、第1火曜(祝日の場合翌日)

■カフェ・アウル
住所:栃木県日光市霧降1535-4 日光霧降高原チロリン村内
電話:0288-54-3355
時間:9:00~16:00
休み:火曜
※かき氷は11月3日(祝)まで

■日光珈琲御用邸通
住所:栃木県日光市本町3-13
電話:0288-53-2335
時間:10:00~18:00(LO17:00)
休み:月曜、第1・3火曜(祝日の場合翌日)

■日光金谷ホテル メイプルリーフ
住所:栃木県日光市上鉢石町1300
電話:0288-54-0001(代表)
時間:9:30~17:30(LO17:00) ※百年カレーは11:00~
休み:なし
※かき氷は9月末まで

■日光さかえや
住所:栃木県日光市松原町10-1
電話:0288-54-1528 
時間:9:00~18:00
休み:不定(7・8月はなし)
※かき氷は11月上旬まで

■栃木県アンテナショップ とちまるショップ
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード4F
電話:03-5809-7280
時間:10:00~21:00
休み:不定(施設に準ずる)


詳細は7月18日発売の東京ウォーカー2015年8月号に掲載!
最新号・バックナンバーの購入:雑誌バックナンバー販売コーナーへ
BOOK☆WALKERで2015年8月号電子書籍を購入!(配信は7月18日より)
Kindleで2015年8月号電子書籍を購入! 

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報