映画

【映画美少女】黒島結菜に聞く15の質問 Part1

MovieWalker 2015年8月13日 13時43分 配信

【映画美少女】ではU-18の注目すべき映画女優に限定したインタビューを配信。今回は、「カルピスウォーター」のCMで“キュン飲み”してる爽やかな美少女、黒島結菜を直撃。気さくで自然体、まさに「天衣無縫」という言葉がピッタリな18歳の彼女に、15の質問をぶつけた。(Part1)【取材・文/トライワークス】

すべての写真を見る(8件)

もともと女優になるつもりはなかったんです

Q1.なぜ女優を目指したのでしょうか?

「もともとは、女優になるつもりはなかったんです。普通に大学に行って、普通に仕事したいな~って思ってたんですけど、お母さんがオーディションに応募してくれたのがきっかけで、芸能のお仕事をするようになりました。デビュー当時はとにかく地元の沖縄から東京に通うのが楽しかったんです。最初は習い事みたいな感覚だったんですけど、その中でもお芝居がしっくりくきたというか、一番おもしろいなと思ったからずっと続けている感じですね」

お芝居はできるだけ“自然”にできるように

Q2.演技力はどうやってトレーニングしましたか?

「事務所の演技レッスンを毎月2回ぐらい受けてました。そこで演技の基礎を学びながら、声は大事にしないといけないのでボイストレーニングをやったり、大河ドラマ(『花燃ゆ』)の撮影前は日本舞踊をちょっと習ったり。でも、お芝居的なことは変にトレーニングしないで、なるべく自然にできるように意識してます」

私が“ブレイク女優”とか、恐れ多いです…

Q3.最近の活躍をご自身で振り返ってみていかがでしょうか?

「『ブレイク必至!』とか『注目の若手女優』とか言われるのは嬉しい…のかな(笑)。本音は『私がブレイク女優とか、恐れ多いです』って感じです。いろいろな作品に出演するチャンスをもらって、本当にありがたいなあって、つくづく思います。よく『忙しくて休めないでしょ?』って質問されるんですけど、そんなことないですし、普通に大学にも通ってます。そんなに大変ではないですね」

小慣れた感じが出てしまうのが嫌なんです

Q4.演技に対するこだわりはありますか?

「あまり考え過ぎないで、現場に入ってその時に感じたまま演技することを心がけてます。考え過ぎるとそれが形になっちゃう気がして、ちょっと小慣れた感じが出るのが嫌なんです。監督の演出、一緒にお芝居する相手との掛け合い、ロケだったらその日の天気とか、現場に入らないとわからないことも多いので、その空気感とかを感じて演技ができたらいいなと思います」

演じる上では映画もドラマもCMも全部一緒

Q5.映画に対するこだわりはありますか?

「これまで私が演じてきた中では『感じたようにやっていいよ』って言われることが多かった気がしますね。『カルピス』のCMで海辺の桟橋にいても、ドコモのCMでクリスマスツリーの前にいても、大河ドラマで昔の時代という設定でも、その場で感じたように。だから、映画でもドラマでもCMでも演技をする上では全部一緒ですね」

(Part2へ続く)

黒島 結菜 (くろしま ゆいな)
<プロフィール>
1997年3月15日生まれ、沖縄県出身。2012年に芸能界デビュー。CM出演で知名度を上げると、昨年は「アオイホノオ」「ごめんね青春!」など話題のドラマで存在感を発揮。今年は連続テレビ小説「マッサン」、大河ドラマ「花燃ゆ」にも出演した。映画への出演は主演作『あしたになれば。』(15)や『ストレイヤーズ・クロニクル』(15)などがある。また初舞台となる「虹とマーブル」も待機中。
<公開待機作>
『at Home アットホーム』(8月22日公開)
『流れ星が消えないうちに』(11月21日公開)

at Home アットホーム

2015年8月22日(土) 公開

数々の著作が映像化されている人気作家・本多孝好の同名作を、竹野内豊、松雪泰子らの出演で映画化したユニークなドラマ。それぞれが犯罪で生計をたてている血縁...

おすすめ情報