ネタの宝庫!『ターミネーター4』ガイド本の濃い中身

「ターミネーター4オフィシャル完全ガイド」の表紙
  • 「ターミネーター4オフィシャル完全ガイド」の表紙

日本全国の「ターミネーター」ファンのみなさん、いよいよ6月13日に公開(5日、6日、7日先行上映)が迫った『ターミネーター4』の唯一の公式ガイドブック「ターミネーター4オフィシャル完全ガイド」はもうチェックした?

このガイドブック、単なるロボット(ターミネーター)資料本ではない。『ターミネーター4』のビジュアルはもちろんのこと、監督のマック・Gをはじめスタッフ・キャストのコメントをベースに、映画の製作過程をうかがい知ることができる非常に面白い内容になっているのだ。

ストーリーボード、撮影風景、実際のシーン、ロボット等の造形物、特殊効果から衣装に至るまでが掲載され、その世界観を構築するために、スタッフやキャストの知恵と努力とこだわりが凝縮されている様がよくわかる。

そして、読めば誰かに話したくなるトリビア的ネタの宝庫だ。例えば、出演作を厳選することで有名なクリスチャン・ベールを、マック・G監督はどのように口説き落としたのか。例えば、リアリティを出すためにセットに仕込んだあるものとは何か、等々、物語の背景や設定が語られ、監督やスタッフ、キャストらが、どのように前3作を凌ぐ作品を世に送り出そうとしたかがわかり、大変興味深い。

まったく事前情報なしで『ターミネーター4』を観て楽しんだ後、じっくり読んでもよし。背景をより深く知ってから映画館に足を運んでもよし。いずれにせよ、ファンなら必読、ファンでなくても読んで損はない充実の書籍だ。現在発売中、3360円。【MovieWalker】

「ターミネーター4オフィシャル完全ガイド」(小学館集英社プロダクション)
176ページ 現在発売中
3,360円(税込み)

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報