おでかけ

コスプレ美女が汗まみれ!コミケ88最高気温は42℃

東京ウォーカー 2015年8月15日 17時33分 配信

8月14日(金)から16日(日)まで、東京ビッグサイトで開催中の「コミックマーケット88」。“日本で最もホットなスポット(3日間限定)”と称しても過言ではない同イベント会場で、今年もセクシーなコスプレ美女に協力してもらい、気温観測を行ってきた。

すべての写真を見る(20件)
気温を観測するのに、セクシー衣装のコスプレイヤーの協力がなぜ必要なのか?それは、空気に直に触れる肌の露出が多い方が、より敏感に気温の変化を感じ取れるから…というのは記者の持論。せっかくコミケ会場に来たのに、コスプレ美女とお近づきにならないのはもったいない!その一念からスタートし、4年も続く定番企画となっている。

2日目に当たる15日は、朝から曇天だったため、多少は過ごしやすいかもと期待しつつ会場入り。だが、10時の開場とともに、まずは噴水のある庭園エリアで気温を観測したところ、この時点ですでに32℃を記録。続いて正午をメドに、巨大なモニターが設置されたエントランスプラザで観測を行うと、38℃という結果になった。

そして、もっとも気温が高くなる14時に、西棟の屋上展示場で気温観測を行うと、42℃が記録された。天気予報でも、酷暑になることは発表されていたが、実際に感じる体感気温は、人口密度の高さに応じてさらに上昇!特に、人気コスプレイヤーが大勢集まるエリアでは、カメラマンたちの囲みや長蛇の列がいたるところでできており、一度入り込んでしまうと、なかなか抜け出せず、見る見るうちに体力を削られてしまうことに。

そんな各エリアで、数時間に渡って写真撮影に対応するコスプレイヤーたちは、どのような暑さ対策をしているのだろうか?質問してみたところ、「冷感効果のあるギャッツビーのデオドラントシートで腕を拭いています(笑)」、「たまに首に保冷剤を当てています」などのコメントが。また、台湾から来たという女性は「お水、ゴクゴク、いっぱい」と、日本語で一生懸命話してくれた。ちなみにベテランのレイヤーは「それほど暑くないですね」とクールな表情でさすがの貫録。風が通る場所もあり、比較的過ごしやすく感じた人も多かったようだ。

とにかく暑いが、それに見合うだけの面白さがある夏コミケ。最終日に参加を予定している人は、暑さ対策と水分補給をしっかりして最後まで楽しく乗り切ろう!【東京ウォーカー/取材・文=ソムタム田井】

※気温は記者が購入した温度計で測定した数値です

おすすめ情報