『ターミネーター4』監督、液体金属“T-1000”がお気に入り!

マックジー監督がこだわったのは、とびきりリアルなCGだった
  • マックジー監督がこだわったのは、とびきりリアルなCGだった

6月5日(金)〜7日(日)の先行公開に向けて話題沸騰の『ターミネーター4』(6月13日公開)。来日したマックジー監督から、本作に登場する個性豊かなターミネーターたちについて聞いてみた。

「今回『T4』の舞台は2018年で、まだシュワルツェネッガーが演じたT−800が出てくる前の時代だ。T−800は1作目の『ターミネーター』(84)に出てきたT−600からの変遷を経て出来たものだよ。『T4』では他にもパトロール用の飛行タイプや、非常に巨大で人間を軽々とつかむタイプなど、いろんなターミネーターが登場するので、それらを見るだけでも愉快だと思う」

ちなみに、マックジーのお気に入りのターミネーターはどれ?と尋ねると「僕は、『T2』(91)でロバート・パトリックが演じた、液体金属を使ったT−1000がいちばん好きだね」と答えてくれた。「あの頭が溶けるシーンは、映画史上に残る素晴らしいパフォーマンスだと思う。台詞がほとんどないのにすごくインパクトがあった。当時あそこまでできた技術はすごいと思ったよ」

マックジーは『T4』で、ILMに今まで見たことのないような映像をリクエストしたというが、それは一体どういう映像なのだろう。「実際の人間とCG映像の境目がわからないような映像だ。T−800のシーンでそれをやりたくてね。ま、観てのお楽しみだ」

なるほど、これはすでに報道されて話題になった、シュワ知事扮するT-800登場のシーンのこと。『T4』でも堂々、全裸で登場するのだが、実はこれ、本物のシュワではなく、顔の部分だけシリーズ1作目のものを合成したCGなのだ。シリーズのファンが見れば、心のなかで思わず拍手をしてしまうかも。

最後に、マックジーから本作を楽しむためのメッセージをもらった。「機械では測れない人間の強さがあるってことを、僕たちは覚えておくことが大切だ。その強さこそが、スカイネットとの戦いのポイントとなるから」

シリーズの壮大な世界観をそのまま継承し、さらに深いドラマとマックジーお得意のアクションが強化された『T4』は最強だ! 長年待っただけのかいがある仕上がりとなっているので、早速先行公開をチェキ。【MovieWalker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報