「全てが私にとっての宝物」松井玲奈の劇場卒業公演

松井玲奈の劇場卒業公演が、8月31日に名古屋・SKE48シアターにてチームE全員で行われた
  • 松井玲奈の劇場卒業公演が、8月31日に名古屋・SKE48シアターにてチームE全員で行われた

8月31日、ことし6月10日にニッポン放送のラジオ「オールナイトニッポン」で卒業発表し、8月29日・30日と2日間、豊田スタジアムで卒業コンサートを行った松井玲奈が、SKE48劇場で最後の公演を行った。

5階の「SKE48 CAFE & SHOP」やSUNSHINE SAKAE周辺には約2000人のファンが集まり、開演前には、会場に入ることができなかったファンのために、松井が「SKE48 CAFE & SHOP」であいさつするサプライズが行われ、昼5時30分より、卒業公演が始まった。

この日は、松井が所属するチームE全メンバーが公演に出演し、彼女との思い出を語る場面も。「マンゴーNo.2」「手をつなぎながら」など、チームEメンバーと元気なパフォーマンスを披露し、「Glory days」では松井とドラフト2期生の菅原麻耶がバックダンサーとして出演しファンを驚かせた。

アンコールでは、8月に発売した松井(玲)単独センター曲「前のめり」の歌唱や、松井玲奈・珠理奈・大矢真那で披露した「神々の領域」をBGMに、これまでの彼女のSKE48での軌跡をまとめた映像が流れ、正規チームE全員で「バナナ革命」「微笑みのポジティブシンキング」を披露した。

その後、緑色のペンライトで埋め尽くされた劇場で、松井の卒業セレモニーがデビューからきょうまでの日数がタイトルとなった「2588日」を歌い上げると、SKE48ファンからメンバーになった福士奈央の司会の下、大きな卒業セレモニーが行われた。

チームEリーダーの須田亜香里が「玲奈さんの姿を見てなりたい自分を想像してきたメンバーはたくさんいます。不安も多いけど安心してもらえるようにみんなで頑張るから見守っていてください。玲奈さん、ご卒業おめでとうございます」と手紙を読み上げ、全員で松井の卒業を祝った。

松井は「最初SKE48は公演の回数も少なくて、その公演のためだけに毎日毎日レッスンをして週に1回の公演に出ることが人生の何よりの幸せでした。私は公演でみんなの陰に隠れていたんですけど、たくさんの方たちが私のことを見つけてくださってここまで引っ張り上げてくださいました。それは私だけじゃなくてほかのメンバーも同じだと思います。応援してくださる皆さんが、私たちを輝かせてくれるパワーだと思っています。劇場は不思議で、どんなにつらいことがあっても元気がもらえます。思い出がいっぱいあります」と声を震わせ、涙を見せた。

さらに、「私の青春はSKE48だと胸を張って言えることを誇りに思いますし、さっき歌った『2588日』の歌詞にもあるように、私は次の花を咲かせるために準備を始めます。皆さんにまた、大きな花を咲かせるところを見ていただけるように、これからも私の太陽の光だったり、水をあげてくれる存在だったりするとうれしいなと思います。SKEという芽もまだまだ成長途中だなと思っていますし、SKEはもっともっと大きな花を咲かせることができると思っています。

メンバー一人一人がこのグループのセンターです。応援してくれる皆さんがいれば、私たちはまだどこまででも進むことができると思います。これからもSKEのことをずっと見守ってほしいですし、私のことも、ちょっとでも心の隅で見守ってくれればうれしいなと思います。

次はかすみ草じゃなくて、もっともっと大きな花を咲かせられたらいいなと思います。この7年間は、私にとって掛け替えのない思い出で、出会えた人の数も掛け替えのない全てが私にとっての宝物です。だからこれを大事にこれから先も自信を持って、頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします」と深々と礼をして、感謝や意気込みを語り、万雷の拍手を受けた。

福士が涙ながらに「いつか玲奈さんにSKEのことを『大きくなったね』って言ってもらえるように、頑張りたいと思います」と語り、最後の曲の前に「SKE48として一番最後にこの曲を歌えることを本当にうれしく思います。きょう(公演に)来られなかった皆さんとメンバーみんなに思いが届けばいいなと思います」と語り、多くのメンバーをこの曲で見送ってきたという「遠くにいても」をメンバー全員が涙ながらも歌い切り、松井玲奈の卒業公演は幕を閉じた。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード