女性の泣き顔がランジェリーに!?トリンプが限定商品を発表

ショーツの唇は取り外し可能
  • ショーツの唇は取り外し可能

トリンプ・インターナショナル・ジャパン主催の世界的なランジェリーデザインコンテスト「Triumph Inspiration Award 2009」日本大会が5月25日に開催され、昨年度世界大会で優勝した日本代表・松尾みどりさんの作品の商品化が発表された。

2009トリンプ・イメージガール西内裕美さんが着用したその作品のタイトルは「Under Skin」。コンセプトは“女性の泣き顔”だ。ラメ入り生地の黒いカップで瞳の輝きを、アイラッシュレースでまつ毛を表現したブラトップ。右胸にはラインストーンのアクセサリーを付けて涙を演出している。さらにショーツには大胆にも“唇”をあしらった、女性らしさとユーモアを兼ね備えたランジェリーだ。

「本当は泣きたいのに顔には出せない。繊細な女心とランジェリーに“大切な人にしか見せない”という共通点を感じ」てデザインしたという松尾さん。唇や涙は取り外し可能なので、意外と(?)日常使いもできるかもしれない。

このランジェリーはオンラインショップ(http://shop.triumphjapan.com/index.html)、携帯サイト(http://104-bra.com)で5/26(火)から予約受付がスタート。ブラジャーBカップ8925円、Cカップ9240円、ショーツ1575円だ。また、世界31か国で8月に発売、日本ではトリンプ ラゾーナ川崎店などで8/6(木)に100セットが限定販売される。

このユニークなランジェリーで、いつもと違った自分を演出してみては。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報