いよいよ本番間近! 横浜開港150周年記念オリジナルショー「ヴィジョン!ヨコハマ」最終公開稽古に潜入!

初舞台の飯島直子も、リハーサルに熱が入る
  • 初舞台の飯島直子も、リハーサルに熱が入る

宮本亜門作・演出の横浜開港150周年オリジナルショー「ヴィジョン!ヨコハマ」が、5/31(日)にパシフィコ横浜で上演される。谷原章介、飯島直子をナビゲーターに迎え、草笛光子や高田延彦といった横浜ゆかりの有名人と約500名の市民参加者で盛大に横浜の150年をお祝いする一大スペクタクルショーだ。本番まで残り1週間を切った5/24(日)、報道陣にリハーサルが公開された。

この日は、横浜市内のスポーツセンターで通し稽古が行われ、市民出演者は本番と同じ衣装を身に付け、真剣に演出家の指導に耳を傾けていた。今回が初舞台となる飯島直子も、谷原章介にリードされながら、緊張感が漂う中でもリラックスした表情で動きを確認。今回のショーでは、「ブルーライトヨコハマ」や「よこはまたそがれ」といった、横浜にちなんだ楽曲も歌われるなど、すべてが横浜中心の構成。リハーサル中も、キッズから年配者まで幅広い層がそろった市民出演者とも気軽に会話を交わし、「横浜愛」あふれるチームワークを高めていた。

待ちに待った本番へ向けて最終段階に入った「ヴィジョン!ヨコハマ〜未来へ。そして紡いできたもの〜」は、いよいよ5/31(日)に、横浜開港150周年記念式典も含めて3回上演される。チケットはただいま各種プレイガイドで絶賛発売中! 150年に一度の大イベント、歴史的ショーを見逃すな!【横浜ウォーカー】

「ヴィジョン!ヨコハマ」〜未来へ。そして紡いできたもの〜

★開催日時●5/31(日)16:30〜、19:00〜

★会場●パシフィコ横浜 国立大ホール

★チケット●SS席¥3800、S席¥2800、A席¥1000

★作・演出●宮本亜門

★出演●谷原章介、飯島直子、石井正則、草笛光子、五大路子、桜塚やっくん、千住真理子、高田延彦、パックン、

    横浜市民参加者

★トークゲスト●佐々木主浩(16:30)、眞鍋かをり(19:00)

キーワード

[PR] おすすめ情報