ショーン・ペン、2度目の離婚解消

気が気でない
  • 気が気でない

ショーン・ペンが、またもやロビン・ライト・ペンとの離婚申請を解消した、とピープル誌が報じている。

ふたりは2007年12月にも離婚を発表したが、翌年の4月には離婚を解消。最初はロビンの落ち込みようがひどかったが、最後はペンが毎日ロビンに電話で復縁を迫ったといわれており、「結婚生活を維持していくのは簡単なことではありませんが、ロビンを愛している気持ちは変わりありません」とコメントしていた。

これで愛を再確認したと思いきや、今年4月に、またもやペンから離婚を申請。しかし1ヶ月もたたないうちに、また離婚を解消した。それについてペンは、NYデイリー・ニュース紙に、「離婚申請したのは、傲慢な過ちだった」とコメントしているそうだ。

折りしもロマンスがささやかれていたナタリー・ポートマンが、ペンとの恋愛関係を否定した直後。離婚をして新しい人生を歩もうとしていたペンが出ばなをくじかれたのか、はたまた、エキセントリックなペンのこと、感情的にロビンがいやになってまた気持ちがおさまったのかはわからない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報