福島エゴマ豚の魅力を味わう!阿武隈高原SAのカツ丼

阿武隈高原SAの「エゴマ豚ロースカツ丼」(980円)
  • 阿武隈高原SAの「エゴマ豚ロースカツ丼」(980円)

福島の名産の一つに「エゴマ豚」がある。健康食品としても知られるエゴマを飼料に育てられ、肉のうま味はもちろん、健康面にも配慮した高品質な豚だ。

磐越自動車道・阿武隈高原サービスエリア(上り線)のスナックコーナーでは、そのエゴマ豚の魅力を活かした「エゴマ豚ロースカツ丼」(980円)を味わえる。

オーダーを受けてから、店内の厨房で1食1食丁寧にエゴマ豚をカット、下ごしらえをし、カリッと揚げたアツアツのトンカツを提供する。エゴマ豚ならではのジューシーかつもちもちとした食感で「品質、味ともに最高級のトンカツ」と、支持されているという。

さらにソースには、エゴマの実、リンゴジュース、ケチャップなどを絶妙な割合でブレンドした同店オリジナルを使っている。子供から大人まで、幅広い層の舌に受け入れられる味わいで、食欲がそそられる。

カツ丼には、野菜とみそ汁、お新香が付いており、食欲を満たしてくれて栄養も満点。魅力たっぷりのカツ丼を阿武隈高原SAで楽しんでみてはいかが。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報