ブラマヨ小杉、『アントマン』に物申す「ヒーハーをパクられた」

小杉竜一、『アントマン』役のポール・ラッドに物申す
  • 小杉竜一、『アントマン』役のポール・ラッドに物申す

身長わずか1.5cmという極小のヒーローが活躍するアクション超大作『アントマン』(9月19日公開)のジャパンプレミアが、9月15日にEX THEATER ROPPONGIで開催。主演のポール・ラッドとペイトン・リード監督が来日し、日本語吹替版キャストを務める内田有紀、溝端淳平、ブラックマヨネーズ小杉竜一と共に登壇した。会場では、約100人のアント隊が人文字を作り、イベントを盛り上げた。

ポールはまず「コンバンハ!」と日本語で挨拶。「ラーメン、スシ」と日本に到着してから食べた日本食を紹介すると、笑いに包まれた。ポールは「初来日で、温かく迎えてくださったことに感謝しています。みなさんはもう仲間です!」とノリノリに言うと、会場から黄色い歓声が上がった。

内田も浮足立っている様子で、ポールに「すごいファンでした」とアピールし、『アントマン』を賞賛する。「ポールさんは、日本の女性の心をつかむのが上手いです。今回、本当に素敵で、ハマリ役だったと思います」と言うと、ポールはやさしく内田をハグした。

小杉は、ポールに「僕、ずっと『ヒーハー』というギャグを1本でやってきたんですが、スコット(ポール・ラッドの役)も完全に『ヒーハー』と言ってまして、これは完全にパクられたなと」と物申した後「でも、ポールの人柄を見た時、『ヒーハー』は俺のものじゃない、完全にポールさんのものだと思って、送り出しました」と、会場の笑いを取った。

すると、ポールが「僕の『ヒーハー』は、小杉さんへのオマージュです」とおちゃめにコメント。小杉は「ええ!こんなサービス精神ある人いますか?うれしいです」と感激する。続いて小杉は「アントマン、最高のヒーローです。ヒーハー!」と気合十分に語った後「完全に声が裏返りましたが、良い思い出です」と笑顔を見せた。

7月17日に全米公開された『アントマン』は、公開週末ナンバー1の大ヒットスタートを切り、公開10日間で興行収入は1億ドルを突破。2週連続で全米週末興行ナンバー1をマークし、日本での公開にも期待が高まる。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報