関東有数のヒガンバナ群生地!巾着田の曼珠沙華まつり

すっかり秋という季節を実感するようになった。シルバーウィークに突入するこの週末には、秋の花を楽しむ旅へと出かけたい。

彼岸の頃に咲く曼珠沙華(ヒガンバナ)

曼珠沙華(ヒガンバナ)は、9月中旬からが見頃。美しく咲き乱れる“赤いじゅうたん”を見に出かけよう
  • 曼珠沙華(ヒガンバナ)は、9月中旬からが見頃。美しく咲き乱れる“赤いじゅうたん”を見に出かけよう

9月19日(土)から、埼玉県日高市で開催される曼珠沙華まつり。開催場所となる巾着田は、西武池袋線高麗(こま)駅から徒歩約15分で、高麗川の大きなカーブを描いた内側で、川に囲まれた場所だ。巾着のように見えることから、この名が付けられたという。

川べりは、約500万本ものヒガンバナの群生地。9月中旬頃からは赤い花が咲き誇る。都心から約1時間ほどで、美しい“赤いじゅうたん”が広がる景色を楽しめる。

ヒガンバナは、開花時期には葉がなく、30から50cmほど伸びた茎の上端に開く鮮紅色の花が際立つ。

曼珠沙華まつり会場では、ご当地グルメをはじめとした特産品を販売。10月4日(日)までの土・日・祝にはステージイベントも開催している。10時から16時まで、ご当地キャラクターのショーや記念撮影の他、ダンスやバンド演奏なども行われる。

花さんぽクーポンも利用してグルメを楽しむ

人気のオーガニックカフェ「阿里山カフェ」など、西武鉄道の「花さんぽクーポン」で特典が受けられる店舗も
  • 人気のオーガニックカフェ「阿里山カフェ」など、西武鉄道の「花さんぽクーポン」で特典が受けられる店舗も

西武鉄道では、この時期の西武池袋線の行楽にあわせて、「花さんぽクーポン」を展開中。高麗駅から徒歩15分ほどの3店舗で、特典が用意されている。オーナー厳選の食材を使ったメニューが楽しめる、人気のオーガニックカフェ「阿里山カフェ」では、来店時にお菓子を日替わりでプレゼント。西武鉄道のWebサイトにアクセスし、花さんぽクーポンを画面に表示させて会計時に提出するだけで、特典が受けられる。

【写真を見る】西武秩父線高麗駅から巾着田へ向かう途中にある、ボンネットバス型の店舗「むささび亭」
  • 【写真を見る】西武秩父線高麗駅から巾着田へ向かう途中にある、ボンネットバス型の店舗「むささび亭」

また、高麗駅から曼珠沙華まつり会場へ向かう途中には、ボンネットバスが目印のカレー店「むささび亭」で名物カレーを。スパイスと野菜をじっくり煮込んだチキンカレーが看板メニューで、辛さも5段階から選べる。

そば粉8割の「もりそば」、甘皮を含んだ「田舎そば」、10食限定の「粗挽そば」が基本メニュー
  • そば粉8割の「もりそば」、甘皮を含んだ「田舎そば」、10食限定の「粗挽そば」が基本メニュー

巾着田からさらに北西へと進めば、知る人ぞ知る名店「樹庵(いつきあん)」が。手挽きの石臼で挽いた香り高いそばは必食!高麗駅から徒歩25分と離れていて、そばが売り切れ次第で営業終了ということもあり、早めに訪れておくのがおすすめだ。

首都圏から日帰りで行ける鉄道の旅。ほんの少しの遠出で、旬を楽しむ旅を堪能したい。【東京ウォーカー】

■曼珠沙華まつり
期間:9月19日(土)~10月4日(日)の土・日・祝
場所:曼珠沙華公園内イベント会場
住所:玉県日高市大字高麗本郷125−2
時間:9:00~16:30
料金:300円 ※曼珠沙華シーズンのみ、曼珠沙華公園の入園料

■阿里山カフェ
住所:埼玉県日高市高麗本郷185-2
電話:042-982-4823
時間:11:30~18:00(LO17:30) ※曼珠沙華シーズンは11:00~17:30
休み:火・水 ※曼珠沙華シーズンは無休
交通:西武池袋線高麗駅から徒歩10分

■むささび亭
住所:埼玉県日高市台20-3
電話:042-982-3910
時間:11:30~20:00 ※曼珠沙華シーズンは月~木11:00~16:00
休み:月~木 ※曼珠沙華シーズンは無休
交通:西武池袋線高麗駅から徒歩5分

■樹庵
住所:埼玉県日高市高岡160-2
電話:042-985-5111
時間:11:00~15:00
休み:火~金 ※土・日・月のみ営業
交通:西武池袋線高麗駅から徒歩約25分

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報