サラ・ブライトマン、初のクリスマス・アルバムを発売!

ヒーリング・ミュージックで、もっとも支持された女性ヴォーカリスト!
  • ヒーリング・ミュージックで、もっとも支持された女性ヴォーカリスト!

世界的ソプラノ歌手サラ・ブライトマンがこの秋、自身初のクリスマス・アルバム「冬のシンフォニー」をリリースすることが決定した。この「冬のシンフォニー」は、ソプラノ歌手として全米アルバムチャート最高位を記録した「神々のシンフォニー」に続く新作で、いわば「シンフォニー2部作」ともいえる作品。「アヴェ・マリア」「アメイジング・グレイス」「きよしこの夜」など冬にぴったりの楽曲がサラの天使のような歌声で美しく綴られる。

この新作発売とともに4年ぶりの大規模ワールドツアーが11/4(火)からスタートする。現在発表されているのは北米31公演だが、ニューヨークではあのマディソン・スクウェア・ガーデン、他都市でも大規模会場が大半で、北米公演だけでも25万人近く動員する予定。サラならではの超ゴージャスなステージが展開されるのは間違いない。

先日の北京オリンピック開会式で海外アーティストとして唯一招かれたサラ。開会式のハイライトで中国のスター歌手、劉歓とともに北京オリンピック公式テーマソング「ユー・アンド・ミー」を歌った模様は世界50億を超える視聴者に向けて放送され、放送後わずか26時間の間に同曲が570万ダウンロードという驚異的な数字を記録したというからその人気は驚異的。新作「冬のシンフォニー」にも世界中から注目が集まるのは間違いない。

■サラ・ブライトマン『冬のシンフォニー』
・国内盤(10/29(水) 日本先行発売予定 2,500円(TAX IN))
※初回限定生産デジパック仕様盤 TOCP-70460 通常盤 TOCP-70461)

・国内盤 DVD付デラックス・エディション(11/19(水)発売予定 3,800円(TAX IN))
※初回限定生産デジパック仕様 TOCP-70462

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報