萌え系エンジンオイル!「らき☆すた」の“痛油”って?

見た目はとてもエンジンオイルとは思えないが、実は性能バツグンの「痛油(いたゆ)シリーズ PART1 らきすた」(1L・2520円)
  • 見た目はとてもエンジンオイルとは思えないが、実は性能バツグンの「痛油(いたゆ)シリーズ PART1 らきすた」(1L・2520円)

アニメやゲームなどのキャラクターを大胆にデザインした「痛車」。最近は、そのクオリティーの高さから、マニアだけでなく一般的にも注目を集めているようだが、今度は6/20(土)、「痛車」にぴったりの“萌え系エンジンオイル”が発売されるという。

その名も「痛油(いたゆ)シリーズ PART1 らきすた」(1L・2520円)。人気漫画「らき☆すた」のキャラクターを大々的にデザインし、色つき&香りつきという、超変り種エンジンオイルなのだ。

種類は「痛油ピンク/桃の香り」と、「痛油グリーン/アップルミントの香り」の2つ。透明なプラスチックの容器に入っており、ピンクとグリーンの色がかなり目立つ。見た目はとてもエンジンオイルに見えないけど、こんなオイルを作ろうと思ったのは一体なぜ?

「去年の夏に『らき☆すた』とのコラボミニカーを発売して好評だったんです。その流れもあり、今回の企画が生まれました。どうせなら、インパクトのある商品にしようと、色や香りも付けました。オイルはお店で交換する方が多いと思いますが、楽しみながら自分でオイル交換することで、自然とクルマに詳しくなってもらえればうれしいですね。但し、匂いは使用したら無くなるので排気ガスが良い匂いになるわけではありません。くれぐれも吸い込まないでくださいね」(発売元「ティー・アンド・イー」広報担当)

ユニークさだけでなく、エコにも力を入れているという同商品。こまめにエンジンオイルを交換することでCO2削減にもつながるので、楽しく交換できる仕様を目指したのだとか。また、最終的には“牛乳パック”での販売を目標にしているというから、その意気込みは本物だ。

ピンクは「OW-30」で、プリウスのようなハイブリッド車にぴったり。街で乗る通常のクルマならこのタイプが合うという。グリーンは「5W-40」で、輸入車やターボ車でライトにスポーツ走行するクルマに合うのだとか。尚本格的なスポーツ走行するハードチューニング車にはお勧め出来ないとのこと。ちなみに、両方とも、ディーゼル車ならびに2輪車には使えないのでご注意を。

自動車関連商品販売だけでなく、レースにも携わる「ティー・アンド・イー」が作った、この変わり種エンジンオイル「痛油」。ユニークさだけでなく、性能も自信作とのことなので、痛車だけでなく普通のクルマを運転する人にも話題になりそう。大手カー用品店などで発売予定で、非売品のステッカー(各2000本予定)も付くので、「らき☆すた」ファンも要チェックだ! 【東京ウォーカー】

■らきすた痛油ピンク/桃の香り〔oW-30〕部分合成油
省燃費規格ILSAC GF-4に適合した化学合成系オイル。オイルの粘性抵抗低減と高温域での熱安定性の維持を両立し、幅広い温度域で軽快なアクセルレスポンスと省燃費性能を発揮。0W-30とワイドな粘度域を形成することで、あらゆる地域で安心してご使用いただくことが出来る。
■らきすた痛油グリーン/アップルミントの香り〔5W-40〕部分合成油
世界標準規格API SMに適合した化学合成系オイル。エンジンオイルに求められる基本性能を兼ね備え、スラッジの抑制及び強い油膜によりエンジンの摩耗を軽減することで、油温変化の激しい一般走行において、安定した性能を発揮。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報