篠田麻里子、AKB48卒業後初のレコーディング

関根勤と篠田麻里子が番組キャラクターとテーマソングに挑戦!
  • 関根勤と篠田麻里子が番組キャラクターとテーマソングに挑戦!

毎週日曜に放送中の「ペットの王国 ワンだランド」(朝9:30-10:00テレビ朝日系)では、10月4日(日)放送からのリニューアルに伴い、MCの関根勤と篠田麻里子が番組キャラクターと新たにテーマソングを手掛けたことが分かった。

同番組は、オリジナリティーあふれるペットライフを詳しく取材し紹介。さらに、家族の一員であるペットのかわいさ、飼い主との愛情物語、その苦労や感動秘話などに迫るバラエティー。

今回、共に愛犬家である関根と篠田がそれぞれ、番組のキャラクターとなる「犬」をデザイン。関根は、赤いベストを着たゴールデン・レトリバー(関根自身の愛犬も、番組の看板犬アースもゴールデン・レトリバー)の「ケンちゃん」を、篠田はピンクのリボンと服を身に着けた愛らしい女の子犬「リリちゃん」をデザインした。

さらに同じタイミングで、関根が作詞を手掛け、篠田が歌ったロック色満載の元気ソング「君がいるだけで」も制作。篠田は、AKB48卒業以来のレコーディングとなった。

番組キャラクターをデザインした関根は「初めての経験で、最初うちの犬(愛犬・ライルくん)の顔を描いてみたんですが、なかなかうまく描けなかった。バランスが難しいんですよ。

手を替え品を替え10枚くらい描いたかなぁ。最初はリアルに描いてたんですけど、マンガチックの方がいいかなぁと変えてみたりしてね」と苦戦した様子。

一方、篠田は「私も自分が描いたものが番組キャラクターになるというのが初めてで、最初はムッシュの似顔絵を描いたり、後半はスタッフさんの似顔絵を描き出して(笑)。でも最終的に、すごくかわいいキャラクターになったと思っていますので、ぜひ見てください」と自信をのぞかせた。

また、新テーマソングの作詞も担当した関根は「やっぱりワンちゃんやネコちゃんを見て、みんなが癒やされる感じにしたかったんです。だから、1番から3番までに、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、老若男女いろんな世代の人たちを出して、みんながワンちゃんやネコちゃんを見て癒やされているという歌詞にしたんです」と語った。

篠田も「関根さんの歌詞はストーリー性があって、展開がピタッと決まった感じがどんな世代の方にもすごく覚えやすいだろうなと思いました。

さらに今回、ワンワンとかホワホワとかいう言葉をブラスで入れていたりとか、子供たちが聞いた時に『ん?』と思うようないろんな工夫をしています。

また、前半のロック調から一転、『君も…』というサビの部分からキーが一気に上がり、『みんなで歌うよ~!』という雰囲気になって、ギャップがあって面白いなと引き込まれました。家族みんなでリズムに乗って歌える曲になっていると思います」と、ポイントを明かした。

「ペットの王国 ワンだランド」
毎週日曜朝9:30-10:00
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報