アマル・クルーニー、やせすぎで危険?

9月で結婚一周年を迎えたアマル・クルーニーとジョージ・クルーニーは、ディナーで記念日を祝うなど夫婦仲はいたって良好な様子。現在開催中の第53回ニューヨーク映画祭で記念上映されたコーエン兄弟監督作『オー・ブラザー!』(00)のイベントに出席するため、仲良く手をつないで登場した。

ジョージ・クルーニーと妻のアマル・クルーニー
  • ジョージ・クルーニーと妻のアマル・クルーニー

身長約177cmのスレンダーなアマルが着ていたのは、太ももが半分くらい覗いている超ミニの、オフショルダーのエメラルドグリーンのヴェルサーチの2015秋のコレクションのドレス。大きくカットアウトされ左ももを大胆に露出したフレアーワンピースで、スーパーモデル並みの抜群のプロポーションを見せつけた。

【写真を見る】アマルの全身写真。外反母趾が目立つ?
  • 【写真を見る】アマルの全身写真。外反母趾が目立つ?

しかし、デイリー・メール紙は、「約9万円の黒とグリーンのジミー・チューのストラップヒールを履いているアマルの足はかなり筋張っており、ストラップの間から思い切り飛び出している外反母趾も痛々しい」

「ヴィクトリア・ベッカムやサラ・ジェシカ・パーカーなどもそうですが、ハイヒールを履き続けてきた結果、関節部分にに負担がかかり、このように変形した状態になっているのでしょう」と専門家の意見と共に写真を掲載している。

また見るたびにやせていくアマルについて、「手足が長いので、オフショルダーのドレスは余計にやせて見えることもありますが、現在の体重は40kgくらいしかないのではないでしょうか?アンジェリーナ・ジョリーやヴィクトリア・ベッカムもそうですが、世界的人気を誇る一流セレブの男性と一緒になる女性は、なぜか激ヤセしていきます」

「男性の好みなのか、男性の興味を引き続けるための女性の思い込みでやせていくのかはわかりませんが、これ以上やせると余計に老けて見えますし、彼女の場合は人権弁護士として別の意味で精神的な負担を強いられる仕事をしているので、気をつけなくてはいけないと思います」と専門家がナショナル・エンクワイラー紙に警鐘を鳴らしている。

アンジェリーナの時と同様に、ユーザーからもやせすぎコメントが相次いでおり、「鶏の手足を見ているみたいだ」「やせすぎて、37歳よりずっと老けて見える」「肩を後ろに引いて、スーパーモデルのつもりかな」「交際時の方が魅力的だった」「ジョージは何も感じていないのかな?奥さんにもっと食事をさせるべき」といったように、昨今のやせすぎセレブに対してはおおむね否定的な声が寄せられている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報