【開国博通信Vol.34】最速!「BATON」第2章「アポロとミカル」を見てきました!

会場前に並ぶ出演者たちのポスター
  • 会場前に並ぶ出演者たちのポスター

開国博Y150の期間内、3部作として上映されているY150未来シアター「BATON」。今日5/31(日)からついに第2章「アポロとミカル」がスタート!という訳で、「これは最速でチャックしなくちゃ!」と初回上映となる10:15の回に出かけてきました!

開場15分前に着いたものの、トゥモローパーク前は早くも行列が。「BATON」第2章への期待感?それとも昨日放送になった「アド街ック天国〜横浜ベイエリア〜」の影響でしょうか?(笑)

入場すると、シアター前に掲示されている人物相関図も第2章のものに更新されてます。第1章を見ていない人でも楽しめるようにいろいろな準備が行なわれています。

そして第2章がスタート。第1章ラストで、気を失ってしまったアポロ。意識を取り戻したあともしゃべることも聞く事もできない状況に。何と彼は100年前に存在した伝説のOS「サイファ」に感染してしまっていたのだ…。

アポロとミカルは病院に向かうが、そこでまたあらたな展開が。彼は病院で「感染者」として医者に通報され、追われる身となってしまう…。そして「サイファ」の正体が徐々に見えてくる事になる。

第1章で数多く散りばめられた「謎」が動き出すストーリーになっています。かなり動きが早いので注意して見たいところ。第1章のダイジェストも冒頭に挿入されているので、ストーリーが混乱する事もないかと思います。ただ、第3章への「謎」がまた数多く残った状態で第2章も幕を閉じます。果たして、どんな風にこのストーリーは終わるのか、興味深いところです。

さて、トゥモローパーク内のスリーエフでは早くも第2章の公式パンフ(¥740)が登場しています!気になった方は是非スリーエフへどうぞ。【横浜ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報