ゲゲゲの鬼太郎、来福!

独特な色使いや造形は見事だ
  • 独特な色使いや造形は見事だ

全国でロードショー中の「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」のヒットなどで「妖怪」が注目を浴びるなか、日本各地でさまざまなイベントが行われている。福岡でも漫画家・水木しげる氏が監修するイベント「妖怪博士・水木しげるの妖怪大冒険」が7/26(土)〜8/17(日)、福岡アジア美術館で開催。この企画は、「感じるこころ、不思議な世界」をテーマにした「おいでよ! 不思議の森のミュージアム」の特別展として開かれるもので、目玉の親父や一反木綿など漫画「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの人気キャラクターに加え、日本に古くから伝わる妖怪たちが大集合、絵画やオブジェなど約80点の作品が展示される。そのほか、会期中は、ストリンググラフティのコンサートや絵本作家によるワークショップ、人形劇、絵本の読み聞かせなども実施する予定だ。観覧料は、大人900円、高大生600円、小中生400円、未就学児は無料。ローソンチケット、チケットぴあ・ファミリーマート、セブン-イレブンのほか、主要プレイガイドで前売り券も販売している。ことしは、汗が吹き出る暑い日に妖怪でひんやり、…を楽しもう!【九州ウォーカー/指山】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報