グリーン・デイ、4年ぶりのライヴにIMALUも感激!

会場全体が興奮の渦に巻き込まれている!
  • 会場全体が興奮の渦に巻き込まれている!

初のプロモーションで来日中のグリーン・デイが、5/28に4年ぶりのワンマン・ライヴ「グリーン・デイ/プレミアム・ライヴ」を赤坂ブリッツにて実施した。

第1部では新作『21世紀のブレイクダウン』から、大ヒット中のシングル「ノウ・ユア・エナミー」をはじめとする11曲、第2部では「アメリカン・イディオット」、「バスケット・ケース」、「マイノリティ」などのヒット・パレードに加えてリクエスト・コーナーとカヴァーも飛び出す14曲の合計25曲を披露した。

このライヴのチケットは、発売開始とともにこの奇跡の瞬間を待ちわびていたファンからの応募が殺到し、即日完売。ライヴ当日は雨にも関わらず、地下鉄の駅から会場までの道中には「チケット譲って下さい」の紙を持ったファンが100人以上立っていたという異常ともいえる事態となった。世界規模でみても“グリーン・デイ”クラスのアーティストが、キャパ1400人の会場でライヴをすることは稀であり、まさに伝説の一夜となった。

また、モデルで活動中のIMALUがグリーン・デイの大ファンということもあり、当日ライヴ会場に足を運んでおり、グリーン・デイと直接対面を果たした。このライヴの興奮の模様と対面した時の様子は、IMALUオフィシャルブログ「BEEP!BEEP!BEEP!」に掲載されているので、気になる人はチェックを!

なお、赤坂ブリッツで素晴らしいパフォーマンスを披露したグリーン・デイだが、2009年4/14に彼らの地元、サンフランシスコのオークランドで行われたライヴの映像がYahoo!動画にて現在、公開中!貴重なライブ映像なので、こちらも要チェックだ!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報