レッツノートから世界最軽量「SZ5シリーズ」発売

世界最軽量「SZ5シリーズ」を持つ比嘉愛未は「軽さは重宝するので助かります」と話す
  • 世界最軽量「SZ5シリーズ」を持つ比嘉愛未は「軽さは重宝するので助かります」と話す

パナソニックは、モバイルノートパソコン「レッツノート」シリーズの2015年秋冬モデルを発表。その発表会が10月7日、東京都内で行われ、同商品の新CMに起用された女優の比嘉愛未が出席した。

新たに発表された「SZ5シリーズ」(オープン価格)は、レッツノートの人気モデル「SXシリーズ」をフルモデルチェンジ。12.1型・光学式ドライブ内蔵で、世界最軽量約929gを実現。見やすい16:10の縦横比率、打ちやすいキーボード、高い拡張性などが特徴となっており、インテル社の第6世代Coreプロセッサー、Windows 10も搭載。11月6日(金)から発売する。

その新CM「ビジネスで攻める人」は、「レッツノートから始まるサクセスストーリー」をコンセプトとし、東京から神戸、そして金沢への出張を舞台に、比嘉は“デキる先輩”を演じる。撮影のエピソードについて、「朝7時から神戸牛を食べたり、世界で一番好きな食べ物のお寿司を食べられて、神戸や金沢での撮影は楽しかった」と振り返る。

その後「レッツノート特命社員」に任命された比嘉は、最後に「世界最軽量の新しいレッツノートで、バリバリ仕事をして、ビジネスで攻める人になってください!」と特命社員らしく、新商品をしっかりアピールしていた。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報