フリードリンクで2500円!「東京湾納涼船」の魅力

天気の良い日は湾岸エリアの花火を眺められるという絶景スポットになる「東京湾納涼船」
  • 天気の良い日は湾岸エリアの花火を眺められるという絶景スポットになる「東京湾納涼船」

5000tクラスの大型客船で東京湾をクルージングしながら、美しい夜景とリッチな食事を楽しめる「東京湾納涼船」。ゆかたダンサーズを迎え今年で10年目となり、今では、東京の夏の風物詩となりつつある、名物船だ。

そんな「東京湾納涼船」は、今年も7/1(水)〜9/23(祝)まで約3時間の運航が決定。料金は、大人2500円、中・高校生1000円、小学生500円だが、フリードリンクが料金に含まれていたり、浴衣姿の乗船者(大人)は、乗船料が1000円引き(毎週金・土・日曜、祝日は除く。作務衣・甚平は割引対象外)になるなど、予想以上におトクになるのだ。

また、レインボーブリッジ下を通り、お台場・大井埠頭・羽田空港沖を周遊するコースとあって、輝くレインボーブリッジを真下から見上げるなど、普段なかなか目にすることができない“絶景”も楽しめるのがうれしいところ。

実はこの「東京湾納涼船」、天気の良い日は、船上から東京湾大華火祭をはじめとした湾岸エリア各所で行われる花火が見えるチャンスがあるということで、“ツウ”の間では人気のスポット。各花火大会の日のチケットは毎年、大人気だという。

ちなみに、チケットの発売は乗船日の2か月前からなので、気になる人は早めにチェックするのがオススメ。毎年恒例「ゆかたダンサーズ」のパフォーマンスもあるので、まだ納涼船デビューしていない人も、今年こそ夜のクルージングを楽しんでみては? 【東京ウォーカー】

竹芝駅より徒歩すぐ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報