AKB48梅田が浴衣で七夕の願い“東京タワーに住みたい”

ノッポンも参加して上機嫌の2人
  • ノッポンも参加して上機嫌の2人

七夕まで約1か月となり、東京タワー大展望台1Fが“天の川イルミネーション”で包まれた。6/1はその点灯式に、2009年度東京タワーイメージガールの「AKB48」チームK所属の現役メンバー、梅田彩佳さんが登場。黄色い地に花柄の浴衣に身を包み、青色の浴衣を着た同ユニットメンバーの近野莉菜さんと共にカウントダウンに合わせて点灯した。

今年5回目となる天の川イルミネーションは青と白のLED約1万個を使用。その中に赤色の織姫と白色の彦星が光り、1時間ごとに流れ星が現れる。

「子供の頃から梅田家では七夕の願い事は必ず叶うんです。おじいちゃんとおばあちゃんが叶えてくれるの」と梅田さん。“東京タワーをおうちにしたい!”と書かれた短冊を手に上機嫌。一方、近野さんの願いは“メンバーがこの1年ケガもなく、健康に過ごせますように”とユニット全体のことをしっかり祈願。16歳と年下ながらしっかり者をアピールした。

点灯式前には、近野さんがイメージガールを務めるマザー牧場のカフェに登場する限定スイーツ「天の川パフェ」(450円)を試食したという2人。濃厚なソフトクリームの味に大満足したそう。「七夕当日に何も予定がなければ2人で、東京タワーに来て(イルミを見て)、カフェでガールズトークで盛り上がりたい」と笑顔で答えていた。

このイルミネーションは7/12(日)まで午前9時〜午後10時に毎日点灯する。ひと足早く、七夕気分を楽しもう。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報