槇原敬之、計9万人を動員したツアーにファイナル!

彼の心のこもった歌い方に会場も盛り上がる!
  • 彼の心のこもった歌い方に会場も盛り上がる!

男性ソロアーティスト、アルバム総売り上げ数歴代1位(オリコン調べ)で、日本屈指のメロディメーカーである槇原敬之。彼の3年ぶりとなる全国ツアー『Long Distance Delivery tour 2009』が、5/31沖縄・宜野湾市でツアーファイナルを迎えた。

2007年エイベックス(J-moreレーベル)移籍後初となる本コンサート・ツアーは、『悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。』と『Personal Soundtracks』の2枚のアルバムを携えて敢行。3月から約3か月をかけ全国20都市35公演で計9万人を動員し、待ちわびていたファンに熱狂と興奮で迎えられた。

ツアーでは本人の音楽活動で大切にしている“「言葉」と「音楽」をお届けする”というコンセプトのもと、代表曲である「世界に一つだけの花」等を含む全20曲を熱唱。「このままツアーが終わってしまうのは寂しすぎる!新しい歌、すなわち言葉と音楽を作り続け、届け続けたいと思います。」と来年のデビュー20周年への決意をあらたにした。

また、ツアーで全国に「言葉」と「音楽」を届けた槇原敬之が、年末には佐渡裕監督・指揮による「10000人の第9」にて歌唱することがわかった。昨年はケミストリー、おととしは中島美嘉が参加したこのコンサートで、佐渡裕とは、2005年NHK平和巡礼2005のイベント以来、4年ぶり2度目の共演になる。こちらも楽しみなところだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報