国産紀州梅の生果汁入り!“高級”三ツ矢サイダーが登場

紀州南高梅果汁を使用した“炭酸強め”の爽快感
  • 紀州南高梅果汁を使用した“炭酸強め”の爽快感

5/26にカロリー&糖質をゼロにした「三ツ矢サイダーオールゼロ」を発売したばかりのアサヒ飲料から今度は三ツ矢サイダーの“プレミアム”商品が登場した。6/16(火)に数量限定で発売される「プレミアム三ツ矢サイダー国産紀州梅」(500ml/157円)だ。

「プレミアム三ツ矢サイダー」という形で発売する初めての商品とあり、“国産”果汁にこだわったこの商品。市場的にも伸張をみせている“梅”が、ブランドの持つ“伝統”“自然”というイメージともマッチするということで、販売に踏み切ったという。

使用しているのは“梅のトップブランド”として知られる紀州南高梅。味・香りとも抜群の品質で、大粒で皮が薄く、果肉も柔らかいのが特長だ。

さらにアサヒビールグループ独自の“フレッシュクオリティ製法”を採用することで、果汁入り炭酸飲料では実現が難しかった“炭酸強め”の爽快感と、果実本来の“フレッシュな香り”が楽しめるようになっているという。

「旬の国産果汁を使用し、より高い品質を訴求した“プレミアム”商品を『三ツ矢』ブランドから出したい!との思いで開発しました。梅独特の香りと、甘酸っぱくてすっきりした味わい特長の数量限定商品です!」と話すのはマーケティング部の小林さん。ターゲットは20〜30代の男女。年間20万ケースの売上げが目標という。

従来のものとは“ひとあじ違う”、まさに“プレミアム”な三ツ矢サイダーの誕生で選択の幅が広がりそうだ。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報