サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

志尊淳が「好きだよ」と“顎クイ”をお見舞い!会場も大興奮

志尊淳が激甘セリフとともに“エア顎クイ”を披露!
  • 志尊淳が激甘セリフとともに“エア顎クイ”を披露!

南波あつこの同名コミックを映画化した『先輩と彼女』の初日舞台挨拶が10月17日に新宿バルト9で開催され、志尊淳、芳根京子、小島梨里杏、戸塚純貴、水谷果穂、池田千尋監督が登壇。志尊が会場に向かって“顎クイ”をお見舞いし、黄色い歓声を浴びた。

他の女性に恋している先輩を好きになる主人公・りかの恋模様を綴る本作。憧れの先輩・圭吾に扮した志尊は、「少女漫画原作の主人公はカッコよくなければいけないというハードルがあったので。自分にはできないなという不安が最初はすごくありました」と吐露。りかを演じた芳根も「私もとにかく不安で。ヒロインは女の子が共感をしていただくことが一番。監督とも相談して、頑張りました」と打ち明けていた。

司会から「恋をするならどのキャラクター?」と聞かれると、志尊は「難しいな」と悩みながらも、「この作品でもそうだけれど、恋をするには一途というのがすごく大事で。一途なりかがいいんじゃないかと思います」と回答。芳根は「陽気な哲ちゃん先輩がツボ。撮影中、ずっと笑っていました。本当に面白い!」と意外にも戸塚演じる矢田哲雄をセレクト。小島も「私も哲ちゃんが好きだな。戸塚くんのいい芝居、すごい好きです」と続くと、戸塚もまんざらでもない表情で会場の笑いを誘っていた。

胸キュンシーンが満載の本作。お気に入りの胸キュンシーンに話が及ぶと、芳根は「壁ドン?顎クイ?」とにっこり。司会が「見たくないですか?」とあおると会場からも大きな拍手が上がった。大照れの志尊だったが「なんでもやりますよ」と快諾。会場に向かって「黙ってないでなんか言えよ」と“エア顎クイ”。「好きだよ」との劇中のセリフを放った。

会場からも黄色い歓声が上がるなど、大盛り上がりとなったこの日。最後には志尊が「等身大の甘酸っぱい青春ラブストーリーができたなと感じています。原作の南波先生も『こんなに原作に忠実にやってくれるとは思わなかった』というコメントをくださって、本当に僕たちもうれしく感じました」と喜びをかみしめ、舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報