サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

乃木坂46松村沙友理、アニメ愛炸裂!『ここさけ』舞台挨拶で感激の涙

乃木坂46の松村沙友理が興奮気味にトーク!
  • 乃木坂46の松村沙友理が興奮気味にトーク!

劇場版アニメ『心が叫びたがってるんだ。』の舞台挨拶が10月17日にシネマメディアージュで開催され、主題歌を務めるアイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、衛藤美彩、齋藤飛鳥、高山一実、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理が登壇した。

本作は、大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再結集して描く青春群像劇。10月28日に発売となる乃木坂46の新曲「今、話したい誰かがいる」が主題歌に起用されている。

アニメ好きだという松村は「前作の『あの花』も大好きで、グッズも全部集めていて。岡田麿里さんの繊細な脚本と私たちの歌がどういう化学反応を起こすのかという期待もありながら、プレッシャーもあって」とアニメファンだからこそのプレッシャーを告白。「曲をいただいて、私自身この映画ぴったり合っていると思える曲ができあがった」と晴れやかな表情を見せた。

感情を抑えめに話し始めた松村だったが、次第に「だって、アニメジャパンの製作発表のときから映画を楽しみにしていて!歴代、岡田麿里作品にどれだけ号泣したか!」と興奮気味にコメント。「アニメにとって主題歌は顔のようなもの。この映画に関われただけでうれしいのに、代表してここに立っているのがすごくうれしくて。ああ!なんか涙が出てきます!」と感激しきりで、涙を浮かべていた。

秋元は、「『何も欲しいと言わなければ、永遠に傷つかずに済む』との歌詞が主人公の順ちゃんとリンクすると思った」と実際に歌を歌いながら、主題歌と映画のリンク度についてコメント。微妙な音程での歌声に、メンバーからは「そんな歌でしたっけ?」「なんで今歌ったの?」と突っ込みが入り、会場も大爆笑。続けて秋元は「私も親にもなかなか相談をしない人で。順ちゃんの気持ちにも共感して、自分と重ね合わせながら観ることができた。今、言えてないことがある人は、きっと共感しながら観られると思う」と明かしていた。

最後の挨拶になると、秋元が「観た後に『この映画大好き!』と思ってくれると思う。私が『ここさけ』と言ったら、みなさんで『大好き』って言いません?」と会場に呼びかけ、観客もノリノリで「大好き!」と絶叫。松村は「学生たちの青春が詰まっている。青春感では『あの花』を超えたんじゃないかと思う。この青春ストーリーの成長速度に乃木坂46も乗れるように、一緒に成長していけたらいいなと思います」と心を込め、会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報