メル・ギブソンに妊婦恋人が要求「アル中なおして」

横暴
  • 横暴

メル・ギブソンが新恋人オクサナの妊娠を公式に認めたばかりだが、“母は強し”とはよく言ったもので、オクサナが「リハビリ施設に入ってアルコール依存症を完全になおさないとあなたとは縁を切る」とメルギブに言い渡したらしい。

「メルは酒に酔うと短気になってぶち切れやすくなる。だからオクサナは、そういう彼と一緒にいるのは嫌だと言っている。メルがリハビリ施設に行かないのなら別れたいと主張しているようだ」と関係者がナショナル・エンクワイアラー誌に語っており、「酒を飲まなくなれば、彼が浮気する可能性も低くなるだろうと彼女は考えているようだ」とメルギブの友人も証言している。

一方、妻のいる身で愛人を妊娠させたため教会でも白い目で見られているというメルギブは、日曜日に教会でぶち切れしたらしく、激怒して祭壇に近づき、「これ以上俺の私生活について噂したら、教会を閉鎖するぞ」と神父や信者たちを脅したという。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報