『ヱヴァ』ブルーレイが史上最高の初動売上を記録

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)』のブルーレイディスク外装
  • 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)』のブルーレイディスク外装

5月27日に発売された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)』のブルーレイディスク(BD)が今週4万9000枚を売上げ、BD史上最高の初動売上を記録した。

これまでの最高初動は『ダークナイト』(08)の2万9000枚。それを2万枚も上回り、発売第1週目にしてBD最高累積枚数を更新する勢いを見せている。

『ダークナイト』のBD購入の主な理由は2つだった。ひとつはDVDより特典映像の数が多かった点。もうひとつは劇映画として初めてIMAXカメラを使った作品であったため、その高い解像度をより堪能できるという点だ。これまでのBDと明らかな差異があったので、初めてBDを購入したファンも多く、それまでのBD初動売上を更新した結果となっていた。

しかし、今回の『ヱヴァ』は映像特典ではDVD版と変わらない。しかも、すでに“EVANGELION:1.01バージョン”をリリースしており、この旧版を購入済みのファンにとっては、かなり手痛い。

しかし、そんな逆風な状況ではあっても、BDの売上が伸びていることはまったく凄いことだ。『〜:序』、『〜:破』、『〜:急』と続き、4部作に至るまで、『エヴァ』ファンは懐具合が気が気ではないだろう。【MovieWalker】

■『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は、6月27日シネマスクエアとうきゅう他にて全国公開

■『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)』ブルーレイディスク BOX付デジパック仕様(KIXA-9)
税込価格6,090

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報