サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

鈴木亮平、少女漫画原作の主演に不安あった「僕が主役でいいのか」

主演作公開初日を迎え、不安を吐露した鈴木亮平
  • 主演作公開初日を迎え、不安を吐露した鈴木亮平

テレビアニメにもなった異色少女漫画を実写映画化した『俺物語!!』の初日舞台挨拶が10月31日、都内で行われ、出演者の鈴木亮平、永野芽郁、坂口健太郎、寺脇康文、鈴木砂羽と河合勇監督が登壇した。

高校生には見えない、いかつい顔面と屈強な肉体をもった少年・剛田猛男を演じるにあたり、約40日間で体重30kg増量の役作りを行った鈴木亮平。寺脇は「鈴木亮平主演と聞いただけで出演を即決した」といい、「人間性と真摯な取り組み方に感銘を受けた。剛田猛男イコール鈴木亮平なんです。男が惚れる男」と鈴木亮平の印象を語った。

劇中では、永野演じる大和の自分への好意に初めて気づいた猛男が、親友の砂川に電話をして「俺でいいんだろうか」と問うシーンがある。少女漫画の映画化ということに、鈴木亮平は「僕もこの話をいただいたときに同じ気持ちでした。少女漫画でキラキラした世界観の中で僕が恋愛ものの主役をやっていいのだろうか、15歳という設定で自分は若くもないし、絶世の美男子というわけでもない。お客さんが見に来てくれるのだろうかと不安があった」と吐露。

続けて、「そのぶん、猛男になりきるための努力も、現場で芝居していくうえでもひとつも妥協することなく、やれることはすべてやって、みなさんが観たあとに幸せな涙を流して帰ってもらえる作品にしたいと思った」と本作公開に感無量の表情を見せ、その姿に共演者も鈴木亮平へ信頼のまなざしを向けていた。

本作の主題歌は槇原敬之の「No.1」。鈴木亮平は「(作品の)内容に沿っている歌詞で、『もうわかっている 君は僕が好きで 僕は君が好き』というところが猛男の心境とリンクして、胸がギューンとした」と振り返った。ぜひ、主題歌の歌詞にも注目をして本作を鑑賞してみてほしい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報