簡単なのに豪華!ナスのレシピ【白神彰のベジこん】

「12人の優しい殺し屋」の料亭“しらかみ”店主・白神彰が、野菜使いきりレシピを伝授
  • 「12人の優しい殺し屋」の料亭“しらかみ”店主・白神彰が、野菜使いきりレシピを伝授

「12人の優しい殺し屋」に登場する料亭「しらかみ」店主・白神彰が、野菜使いきりレシピを伝授します。

そろそろ旬のナスは、調理方法しだいで多彩に変化する野菜です。カンタンで豪華な味わいに仕上がるレシピをお教えしますので、ぜひ試してみてください。ちなみにナスを保存するときは、冷蔵庫には入れず、空気に触れないようビニール袋などに入れ、常温の場所に置くといいですよ。

<ナスの疑似揚げ出し>

1 ナスを2本、ヘタを取って、縦半分に切り分けます。皮に包丁で切れ目を入れ、水を張ったボールに入れて、しばらくアク抜きをします。

2 その間にフライパンで、煮物用に薄めた麺ツユを1カップ煮立たせ、そこにナスを入れます。

3 中火で煮ること4〜5分。柔らかくなったら揚げ玉を大量に(大さじ5くらい)投入し、一煮立ちさせたら完成です。最後におろしショウガを添えますと、さらにおいしく召し上がれますよ。

<ナスのカツレツ風、ポン酢で召し上がれ>

1 ナスを1cmくらいの輪切りにし、水を張ったボールに入れて、アク抜きをします。

2 フライパンにオリーブ油大さじ2を入れ、火をつけます。ナスは油と非常に相性がいい食材ですので、多いかなと思うくらいでちょうどいいです。

3 ボールから取り出したナスの水気を切って、両面に小麦粉にまぶしたら、熱したフライパンに入れます。

4 両面に焦げ目がついて、しんなりしたらお皿に移し、上からポン酢をかけてできあがり。お好みで一味唐辛子を振って味にアクセントをつけてみるのもいいでしょう。

<ナスのヘタ揚げ>

1 残ったナスのヘタは、このままではかたくて食べられませんが、片栗粉をまぶして中温(150度くらい)の油で5〜6分揚げると、コリコリした食感が楽しめる一品に早変わりします。一味を混ぜた塩でどうぞ。

【シュシュ6/11発売号 連載「ベジこん」第6回より転載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報