18の飲食店が存在!東京都庁の“グルメっぷり”

晴れた日には富士山も見えるロケーションは都庁ならでは。第一庁舎32階の「西洋フード」へGo!
  • 晴れた日には富士山も見えるロケーションは都庁ならでは。第一庁舎32階の「西洋フード」へGo!

新宿のオフィス街にそびえ立つ東京都庁。五輪招致に燃える都庁の中は、実はグルメの宝箱。食堂のほか、喫茶店も合わせると18もの飲食店が存在するのだ。今回は、フードコートのように、ハシゴして楽しめてしまう都庁の食堂を、ど〜んと紹介しよう!

人気No.1は、なんといっても第一庁舎32階の「西洋フード」。テーブルの間隔がゆったりと保たれていたり、晴れた日には富士山の姿も見えるなど、内装・ロケーションともにバツグン! しかも料理はどれもおいしく、一番高いメニューでも660円(!)と激安なのだ。

あまりの人気のため、食券を買うために、少し並ぶこともあるという「西洋フードコート」。ぜひ一度は、味&眺めを堪能してほしいが、時間のない人には、第二庁舎4階の食堂がオススメ。東京都庁で働く人の利用が大半なので、スムーズに食事ができるので、忙しい人には便利。

また、展望室にあるイタリアンの名店「SABATINI」も、ぜひ利用したいスポット。地中海沿岸にありそうな、まぶしい白を基調にした上品な空間で、とても“都庁の中”とは思えない、ハイクオリティなデザインなのだ。

他にも、意外なお店を発見できる東京都庁。楽しみながら、ロープライスで食探検もできるので、気になる人はぜひチェックしてみて! 【詳細は東京ウォーカー5/26発売号に掲載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報