スタバから冬限定“真っ赤なリンゴ”の新作ドリンク

スターバックス コーヒーは12月1日(火)から25日(金)までの期間限定で、アップルとティーを組み合わせた新しいドリンク「ホット アップル」(税抜Short420円、Tall460円、Grande500円、Venti540円)と、同じく新発売の「アップル キャラメル フラペチーノ」(税抜Tall540円、Grande580円、Venti620円)を、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)で販売する。

スタバから、リンゴが主役の数量限定メニューが登場
  • スタバから、リンゴが主役の数量限定メニューが登場

今回の新作ドリンクは、スタバのホリデーシーズン限定として登場。「ホット アップル」は、果肉がたっぷり入った温かいリンゴジュースに、ブラックティーとルイボスティーの2種類のティーを組み合わせた。“Drinkable Fruit”をコンセプトとした、フルーツの果肉を楽しむタイプのホットドリンクだ。アメリカではレッドティーとも呼ばれるルイボスティーの風味がアクセントとなり、ホイップクリームの上には、クランベリーの赤が映えるリンゴソースをトッピング。見た目も自然な赤みで、クリスマスにぴったりの1杯に仕上がった。

「アップル キャラメル フラペチーノ」は、キャラメルとミルクをブレンドした優しい甘さのフラペチーノに、リンゴとクランベリーのフルーツソースを混ぜ合わせた。キャラメルのコクと、フルーティーなフレーバーを一緒に楽しめる、デザートのようなフラペチーノだ。

どちらも、なくなり次第終了という限定メニュー。クリスマスシーズンにぜひ味わって。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報