新ランドマーク!「ラスカ茅ヶ崎」で過ごすクリスマス

11月20日にリニューアルオープンした「ラスカ茅ヶ崎」。店舗面積を1.8倍に広げ、全132店舗が館内に軒を連ねる。

地域コミュニティスペース「C-SQUARE」や、ライフスタイル提案型のお店が集まる「C-style island」を設置。地域に根差したショッピングセンターでクリスマスを過ごそう。

自分だけのクリスマスグッズをゲット!

地域の交流の場を目指している「C-style island」ではワークショップを開催。ラインアップはまだ未定だが、さまざまな内容で行われる予定なので参加してみて
  • 地域の交流の場を目指している「C-style island」ではワークショップを開催。ラインアップはまだ未定だが、さまざまな内容で行われる予定なので参加してみて

まずはウインドーショッピングでどのようなお店があるのかリサーチを。5階の「C-style island」は、茅ヶ崎ならではのライフスタイルを提案する地元のショップが集結している。茅ヶ崎の新しい一面を発見できるかも?

歩きまわった後のブレイクタイムは必須

【写真を見る】タリーズ×マーロウの「オリジナルプリン」(810円)。牛乳、卵、上白糖、バニラビーンズとスタンダードな食材だけで作られる。滑らかな口当たりとバニラの甘い香りが特徴
  • 【写真を見る】タリーズ×マーロウの「オリジナルプリン」(810円)。牛乳、卵、上白糖、バニラビーンズとスタンダードな食材だけで作られる。滑らかな口当たりとバニラの甘い香りが特徴

ちょっと一休みしたい時は、世界各国の厳選豆を使用したコーヒーショップ「タリーズコーヒー」と、葉山で人気のプリン専門店「マーロウ」のコラボレーションカフェがおすすめ!ビーカーにプリン液を入れて焼き上げた「マーロウ」オリジナルのプリンと共に、タリーズのスペシャリティコーヒーを味わえるのはここだけ。

茅ヶ崎の風を感じに「屋上広場」へ行こう

買物後に、ここでひと休みしてから帰ることもできる。テーブルやイスも用意されているので、くつろぐのもおすすめだ
  • 買物後に、ここでひと休みしてから帰ることもできる。テーブルやイスも用意されているので、くつろぐのもおすすめだ

コーヒーとプリンで一息ついたら、外の空気を吸いに屋上庭園へ。ここでは、南側に江の島やえぼし岩、西側に世界遺産である富士山を望むことができる。シーサイドのさわやかな風を感じながら、庭園の緑を眺めればリラックスできること間違いなし!

「ショップエリア」でお気に入りの一軒を探す

ハワイ情報誌「アロハストリート」のセレクトショップがカフェを併設して初進出。店内にはハワイから直輸入されたアパレルや雑貨など、厳選されたアロハグッズがそろう
  • ハワイ情報誌「アロハストリート」のセレクトショップがカフェを併設して初進出。店内にはハワイから直輸入されたアパレルや雑貨など、厳選されたアロハグッズがそろう

3階の改札フロアには、朝から利用できる軽飲食ゾーンと、老舗銘菓や湘南スイーツが楽しめる和洋菓子店が並ぶ。その他、店独自の感性を生かしたセレクトショップやファッション、生活雑貨、コスメを中心としたフロアで構成される。お気に入りの一軒を探してみてはいかが。

「LA MAREE DE CHAYA」はホームパーティーにぴったり

パティスリーラ・マーレ・ド・チャヤの「マーケットタルト(オレンジ)」(1296円)。サクサクのタルト生地にスポンジを敷き詰め、輪切りにしたオレンジをトッピング
  • パティスリーラ・マーレ・ド・チャヤの「マーケットタルト(オレンジ)」(1296円)。サクサクのタルト生地にスポンジを敷き詰め、輪切りにしたオレンジをトッピング

江戸時代に葉山で創業した「日影茶屋」が手がける、洋菓子の専門店。少し懐かしさが漂うクラシカルでシンプルな洋菓子に、同店の歴史と伝統を感じる。ショーケースにはショートケーキやタルトなどの生菓子、マドレーヌやフロランタンなどの焼き菓子が並ぶ。クリスマス用の生菓子もあるので、家でのパーティー用に買って帰るのもおすすめ。

思いきり遊んだ後の移動は何かと億劫なもの。駅直結というアクセスの良さは、大きな魅力の1つだ。荷物を運ぶのも面倒な距離ではないので、大きなプレゼントのおねだりにOKが出ちゃうかも!?フードを扱う店も多いので、ケーキやオードブルの買い出しにもぜひ利用してほしい。【東京ウォーカー】

■ラスカ茅ヶ崎
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町1-1
電話:0467-87-2801
時間:10:00~21:00(一部店舗を除く)
休み:なし
交通:茅ヶ崎駅から徒歩すぐ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報