島崎遥香、急性胃腸炎でも初主演ホラーの舞台挨拶に登場

島崎遥香、気丈に舞台挨拶に登場!
  • 島崎遥香、気丈に舞台挨拶に登場!

AKB48の島崎遥香が映画初主演を果たしたホラー映画『劇場霊』の初日舞台挨拶が11月21日に新宿ピカデリーで開催され、島崎遥香、足立梨花、高田里穂、町田啓太、小市慢太郎、中田秀夫監督が登壇。体調不良をおして登場した島崎が、頬を紅潮させながらも気丈に映画をアピールした。

急性胃腸炎による嘔吐、高熱があるという島崎。長距離移動が困難とのことで、この日予定されていたMOVIXさいたま、MOVIX亀有での舞台挨拶は残念ながら欠席となった。高熱のためか頬を紅潮させ、体調がすぐれない様子だったが、「初日ということでこんなにたくさんの方にお越しいただいてうれしく思っています。初主演ということでとても気合が入っています」と必死に挨拶。ファンから拍手を浴びた。

また「監督はいつも頭にタオルを巻いているんですが、タオルと靴の色がいつも一緒だった気がするんです。あれは合わせていたんですか?」と撮影中に気になっていたことを監督にぶつけた島崎。すると中田監督は「はい。色気を出していました」と話して、会場も大爆笑。「撮影が盛りだくさんで注意信号のときは黄色だったり、やばいぞというときは赤はどきついのでピンクにしたり」と裏話しを明かして、島崎や会場を驚かせていた。

「ホラーを撮っているんですが、裏ではみんな仲良し」と振り返ったのが足立だ。「胸が育つブラジャーが話題になって。現場は女子が多かったので、そういうブラジャーがあるから買いに行こうという話になった」と赤裸々告白。「一番買いに行かなきゃいけないのは私なのに、まだ買いに行っていない。すごい気になる!」と新機能ブラジャーに興味津々の様子だった。

ロシア、ブルネイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、台湾、韓国、タイ、ベトナム、中国、香港と合計11か国での公開が決定した本作。中田監督は「Jホラーは、幽霊などいるはずのないものがいるのが怖いというのが、基本だった。今回は実態のあるものが怖いという話。Jホラーの地平を拡大させていく努力をしたつもりです」と新境地への自信を語っていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報