BONNIE PINKが女性限定カフェLIVEを実施!

ファンたちの質問に真剣に答えるBONNIE PINK
  • ファンたちの質問に真剣に答えるBONNIE PINK

BONNIE PINKが5/13に発売されたBONNIE PINK10枚目のオリジナルアルバム「ONE」の発売を記念して、女性限定のプレミアム・カフェライヴを6/7、自由が丘のカフェ「SPOON BREAD」にて行った。

今回のアルバム「ONE」のタイトルの由来でもある“10枚目の新たなる一歩”“初心にかえる”という部分から、いつも応援して下さっているファンの皆様へ感謝の気持ちを伝えようと企画されたこのライブは、J-WAVE「PARADISO」と連動し、公開収録という形で実施。500通を越す応募者の中から当選した限定15組30名の超ラッキーな女性たちのためだけに行われた。

イベントスタート直後、MCの呼び込みで登場したBONNIE PINKはなぜかエプロン姿。実は、今回のサプライズとしてBONNIE PINK本人が事前にお店に赴き、お店のスタッフと一緒に考案したオリジナルスウィーツ「アルバムのジャケットイメージカラーも反映した『ボニーズエカラット ジュレ(仏語で紅のゼリー)』と『ピナ ココ シェイク(スペイン語でパイナップルとココナッツのシェイク)』」を用意しており、観客のファンに提供したのだ。

当然、観客のファンは大喜び! そして、このスペシャルなスウィーツを食しながらの贅沢なアコースティックライブがスタートした。披露したのは、アルバム「ONE」収録曲で、切ない恋心を歌った「フューシャ・フューシャ・フューシャ」から始まり、続いて先行シングル「Joy」、「Happy Ending」。

更に突然のサプライズとして、本人が普段から親しくしている友人でもある一青窈がゲストとして登場した。まずは、アルバムの中でもロックテイストの強い楽曲で、本人もライブでは初披露になった「Rock You Till the Dawn」を2人で異色のコラボレーション。また、熱狂も冷めやらぬまま、今度は一青窈の代表曲「ハナミズキ」を2人で熱唱し、大歓声の中本編は終了した。

本編後はお客さんとのガールズトークが行われ、「洋服はどんなところで買ってるんですか?」「ストレスはどのように解消しますか?」などの質問が多い中、「結婚したい彼がいて、どうやってアプローチしたらいいと思いますか?」という質問に「言っちゃえばいいじゃん!!」とばっさりの答えていた。こんなところも女性に支持されるのが、BONNIE PINKの魅力なのかもしれない。

そして、アンコールで最後のプレゼント。BONNIE PINKがアーティストとして、生まれてはじめて作ったという曲「Heaven's Kitchin」を披露。BONNIE PINKが考案したスウィーツと共に、まさに「BONNIE's Kitchin」だった今回のカフェ・ライヴ。女性たちの心に、何か暖かいものを残したことは間違いないだろう。

なお、このBONNIE PINKコラボメニューは6/9から数量限定で定番メニューとして販売中なので、気になる人は早めに行ってみよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報