早くも話題!ユニクロの新ブログパーツ“UNIQLO CALENDAR”とは

ミニチュア風に動き回る画像がオシャレでおもしろい
  • ミニチュア風に動き回る画像がオシャレでおもしろい

2007年に発表され軽快なリズムとダンスする女性たちで大ブレイクした“ユニクロック”。それに次ぐ新ブログパーツが本日6/10に公開され、早くも話題となっている。映像、音楽、ユニクロアイテムの3つの画像から構成された、その名も「UNIQLO CALENDAR」だ。

「UNIQLO CALENDAR」の特徴は、大きく分けて3つある。

最も注目したいのは、特殊な撮影技法で“ミニチュア風”に街の風景を切り取っている、その映像だ。初回は東京、神奈川、京都、兵庫、静岡、徳島、沖縄で計32か所のロケを実施。画面に神戸港、東京タワー、静岡祭り…とクルクルと異なる都市の映像が登場し、ミニチュアの世界を繰り広げていておもしろい。早くもウェブ上では“変化が激しくて見ていて飽きない”“見すぎて仕事が手に付かない”など話題となっている。

また、サイト上の映像をクリックするとその月に展開しているユニクロアイテムが構成するフォトモザイクに替わり、カタログとしても利用できる。

2つ目は郵便番号で地域を登録してカレンダーと天気予報を把握できる便利ツールであること。海外の場合は国と地域を選んで登録が可能だ。

さらに3つ目は音楽。『UNIQLOCK』の音楽を担当するFantastic Plastic Machineと、日本を代表するサックスフォニスト清水靖晃氏がコラボし、リストの名曲『愛の夢』をリミックス。この音楽が映像のミニチュア感をさらに演出しているといえる。

今後も季節を切り取った映像と日本を代表するアーティストによる音楽が追加され、四季を通して楽しめるカレンダーになっていき、またスクリーンセーバーの機能も追加していく予定とのこと。ユニクロのオシャレで新感覚カレンダーをぜひサイト(http://www.uniqlo.com/calendar)でチェックしよう。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報