細川茂樹の家電好きは本物!これぞ男の“やんちゃ買い”

世の中のお父さんの味方!?「本気なら奥さんも説得できるはず!」と推進委員会のメンバー
  • 世の中のお父さんの味方!?「本気なら奥さんも説得できるはず!」と推進委員会のメンバー

プロデューサーおちまさとが中心となり、“それでもオレはコレを買う”をコンセプトに立ち上がった「『男のやんちゃ買い』推進委員会」発足記者会見が開かれた。

会場にはおちまさとのほか、委員会に賛同する“やんちゃGUY”として俳優の細川茂樹、元総合格闘家の須藤元気、そして女性代表として艶やかなサーモンピンクのドレス姿で女優の杉本彩が登場。それぞれが、やんちゃ買いに対する熱い想いを語った。

『やんちゃ買い』とは不況や奥さんなどの逆風に負けず、値段やブランドにとらわれず欲しいものを買うこと。会見で特に熱弁をふるったのは、家電好きとして知られる細川さんだ。

会場には各人のやんちゃ買いアイテムが1つずつ展示してあったのだが、なぜか細川さんだけスピーカーとコーヒーメーカーの2つを展示。さらにその良さを語っている時には「もう時間がありませんので…」という司会者の制止も振り切り、愛する家電のアピールを続行。新商品のリサーチは自分で行い、時には開発者にまで話を聞きに行くこともあると言い、「僕は独り(身)なんで行くとこまでいきますよ!」とやんちゃ買いを突き進めることを宣言していた。

ちなみに細川さんの今までで最も大きなやんちゃ買いは「家具をほぼすべてオーダーで作ったこと」で、総額はメディアに出せないほどだとか。奥さんになる人は苦労しそうなほど(?)の“やんちゃGUY”ぶりだ。

ほかにも須藤さんの場合は奥さんにやんちゃ買いを止められることはないそう。理由は「欲しいものを買えばまた頑張れるから」。また、杉本さんは「結婚資金をコツコツ貯めているような男には魅力を感じない。やんちゃな男は魅力的だと思うから買い物も“やんちゃ”して欲しい」と自身の男性観を披露していた。

また、プロデューサーのおちさんは「むやみに買うのでも、値段やブランドに左右されるのでもなく、“自分的セレクト”で本当にこだわったものを買ってほしい」とアピールしていた。

世の中のお父さんにとってなかなか障害も多い“やんちゃ買い”。時には細川さんのように、熱弁をふるってその熱い想いをぶつけてみるのもいいかもしれない。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報